本:賛美のこころ Heart of Worship 主のみ顔を仰ぎつつ

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

この間、子どものお話しの時間、
家にあるブラシを色々見せながらお話ししました。
歯ブラシ、ボトルブラシ、掃除用ブラシ、ヘアブラシ。


いつも子供の興味をひくようなグッズを持って行って
お話しするように心がけているのですが、
この日は主婦の興味を引いたようで、
二人の人が話しかけてきてくれました。

ひとりは、赤ちゃんがいるお家のママなんですが、
「うちはボトルブラシなくって。歯ブラシ使ってます。」
と言われ、びっくり!
ほ乳瓶にはボトルブラシ必需品だと思っていましたw


そしてもうひとりは、「あぁいう掃除用ブラシ使ってるのね。
だからおうちが綺麗なのね。」とほめてくれました。

ありがとうございました。
栄光は主にお返しし、
これからも謙遜に祈りながらお話しさせていただきたいと思っています。


* * * * *

さて、今日はホリデー中に読んだ本のご紹介。


賛美のこころ―主のみ顔を仰ぎつつ

工藤 篤子/イーグレープ

undefined


ちょうど賛美礼拝をおこなった事もあって、賛美の本をチョイス。


この方、一言でいうとすごいです☆
291ページもの本で、どのように救われたか、
どのような働きをしているか、
その時どのようなことを教えられたのか、
そのようなことがつづられています。
淡々と書かれていますが、とっても激動の人生。
まるでモーセかパウロのようだと思いましたw
f0234165_06285766.jpg

満たされない思いを持ち、自分の存在に気付いてくれる人を求め、
万引きを繰り返す少女時代。

大学声楽課程終了後、スペインに渡り、
そこでクリスチャンにされ、
開拓伝道を手伝ってくれないかとの誘いを受け、
ドイツに移住。

ビザ、お金など海外生活である大きな問題をかかえつつ、
それでも養ってくださる神様だけを信じ、
ドイツ人の救いのために働いた伝道師時代。

その後、日本人の救いに目が開かれ、
日本とドイツを行ったり来たりしながら、
賛美集会を開き、多くの救われる人がおこされる。


簡潔に言うとこんな感じですが、
その時々の事が詳しく書かれています。
そのつど与えられた聖書のことば。
支えてくださった周りの人々。
具体的に味わった神様の奇跡。
そういう出来事を読まさせていただき、
私も間接的ではありますが感動を覚え、
神様って素晴らしいな、とほめたたえることが出来ました。


こちらが、工藤篤子さんの動画。


「よき力に守られて」D.ボンヘッファー

1.よき力に われ囲まれ
守り 慰められて
世の悩み 共に分かち
新しい日を望もう

※よき力に守られつつ
来たるべき時を待とう
夜も朝もいつも神は
われらと共にいます

2.過ぎた日々の悩み重く
なおのしかかる時も
騒ぎ立つ心しずめ
み旨に従いゆく


3.たとい主から差し出される
杯は苦くとも
恐れず感謝を込めて
愛する手から受けよう


4.輝かせよ 主のともしび
われらの闇の中に
望みを主の手にゆだね
来たるべき朝を待とう


歌詞が感動的☆

そして検索していたら、
同じ曲を歌う、おそらくドイツ人の優しそうな男性の動画も出てきたので、
一緒にupしました。
いやされますwww





牧師宅にあります。

是非借りてお読みください。






☆今日の聖書のみことば☆
人が神を愛するなら、その人は神に知られているのです。 Ⅰコリント 8:3
The man who loves God is known by God. 1 Corinthians 8:3




☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①11/19(日)礼拝後、一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。
どなたでも参加できます。


②11/24(金)7pmから牧師宅で祈祷会があります。

Norwood Christmas Pageantに今年も参加します。
11/25(土)10amパレード開始です。
浴衣など、日本ぽい服や小物があれば、それを身に着けて参加してください。
参加される方は、9:40amまでにWood St とThe Paradeの交差点近くの
Japanプラカードのところまで集合してください。
込みますので、時間には余裕をもってお越しください。



☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2017-11-03 09:19 | Book(本) | Comments(0)