アデレード日本人教会(JCFA)にようこそ♪

jcfa.exblog.jp

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.

ブログトップ

カテゴリ:Message(説教)( 7 )

礼拝で教えられた例話

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


10月になりました。
順調に春になってきて、
順調に花粉症も続いています(^^)/


今週と来週は、日本でいうところの春休み。
2週間お休みです。
よいホリデーをお過ごしでしょうか。


JCFAでは、元気よく10月最初の礼拝を捧げることができました。

f0234165_08112170.jpg


先月は風邪をひく子が多かったJCFA キッズたちも、
いまはもうとっても元気。
みんな治ったあと、牧師が最後の風邪にかかっていましたw


* * * * *


礼拝時、教えられたたとえ話がありました。

ワシとハチドリのたとえ。

ワシもハチドリも荒れた砂漠のような地を飛ぶ鳥だそうです。

ワシは、死んだ獣の肉を捜し、飛び回ります。

一方、ハチドリは、死んだ獣の肉には目もくれません。
ハチドリは、蜜を求めて、花を捜して飛び回ります。

同じところを飛んでいても、飛ぶ目的も違うし、
目に映る風景も違います。
関心のあるものが違うからです。


私たちは、この世を生きながら、
何をみて日々を暮らしているでしょうか。


人の喜ぶ顔?

あらさがし?

自分にできる事?

人のうわさ話?


人生は、選択。

良い実を結ぶために、
善を選択できる者でありたいと思わされました。



* * * * *


みなさんの10月が、よい月となりますように♡



☆今日の聖書のみことば☆
たとい山々が移り、丘が動いても、
わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、
わたしの平和の契約は動かない。イザヤ54:10
Though the mountains be shaken and the hills be removed,
yet my unfailing love for you will not be shaken
nor my covenant of peace be removed. Isaiah 54:10



☆今後の予定☆
①10/15(日)礼拝後、一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。
どなたでも参加できます。


②10/24(金)7pmから牧師宅で祈祷会があります。

③ホリデー中のBible study等諸集会はお休みになります。



☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2017-10-03 08:18 | Message(説教) | Comments(0)

人間の全的堕落

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


   * * * * *


7月に入っていきなり天気も雨模様になり、
より寒くなったように感じます。
今週で学校も終わり。
早く冬休みを満喫したいものですね。



   * * * * *


さて、今日はこの間の礼拝のお話しの事を少し。

お話しのタイトルは、「Total Depravity 人間の全的堕落」で、
箇所は、ローマ5:12でした。



人はいい人もたくさんいますけど、
聖い神様の目からしたら、すべての人は罪人だと
聖書に書かれています。


イエス様が神でありながら、この地に来られた理由。
それは、私たちが罪のために腐敗してしまったから。


私たちは罪人なので、
聖い神の前に立ったり、天国にいく資格がありません。
まして、自分を聖くすることも出来ません。


自分は罪人だという事を指摘されても、
受け入れがたく感じる人もいるかもしれません。


でも、いい人/悪い人という基準も、
結局は人が定めた人の基準。
神様の基準は、そういった人の基準とは次元の違うもの。


自分は罪人だと受け入れた時、
神様の愛や救いの恵みが大きくその身に迫って来ます。



まず「自分はどんな存在であるか」という事を正しく知ること。

そこから、神様という存在と正しく出会うことが出来ます。


自分の本質を見つめなおすって大事なことなんだなって教えられました。






☆今日の聖書のみことば☆
神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、
神もその人のうちにおられます。 Ⅰヨハネ4:16
God is love. Whoever lives in love lives in God,
and God in him. 1 John 4:16


☆今後の予定☆
①7/16(日)3pmからの礼拝後、一品ずつ持ち寄って
夕食をみんなで頂く予定です。
参加される方は、シェアできる食べ物を一品持って教会に来て下さい。

②7/28(金)7pmから牧師宅で祈祷会があります。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。
[PR]
by jcfa | 2017-07-05 12:00 | Message(説教) | Comments(0)
こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


   * * * * *



日曜日。
「信頼」というテーマの4回目のお話を聞きました。
これで最後です。
副題は「最高の信頼」。
聖書の箇所は、コロサイ4:1-5.




過去の「信頼」のお話はこちら。
1回目:http://jcfa.exblog.jp/27872362/
3回目:http://jcfa.exblog.jp/27909408/
(2回目は書けませんでした泣)



この投稿のタイトルを「信頼しないと出来ないことは?」としましたが、
みなさんは何だと思いますか?



今回のお話しで、それは「祈り」だと教えられました。



人は祈る時、何か切なる課題がある時だと思います。
なにか困難があったりとか・・・。



そういう大事なことは、どんな人にもむやみに話したりはしません。
信頼できる人にだけ、
絶対助けになってくれて、アドバイスしてくれると思われる人にだけ
そっと打ち明けると思います。


神様に祈る時も、より頼む気持ちがあるからこそ出来る行為です。
信頼していればしているほど、その祈りにも力がこもります。



聖書にはダニエルと言う人が出てきます。
この人は、イスラエルからペルシャに捕虜として連れていかれ、
異国の地での生活を余儀なくされた人でした。


そういう痛みがあったからこそ、いつも神様に信頼し、祈っていました。



ある時、ペルシャの王様がおふれを出しました。
それは、30日間・・・つまり1か月、
王だけに祈願するように・・・
他の何ものにも祈願してはならないというものでした。



毎日3回ずつ祈りをささげていたダニエルには試練となるおふれでした。

私がダニエルだったら。
たった1か月の辛抱だから、
その間は隠れて短く祈るか・・・
もしくは心の中だけにしとこうか・・・
などと、対策をねったことでしょう。



ダニエルはどうしたと思いますか?


いつもどおり窓をあけ、
いつもどおり祈りました。



その結果、逮捕され、殺されかけますが、
それも神様の奇跡によって助けられました。



ダニエルは、その場を取り繕うことよりも、
信頼し、祈り、ゆだねることを再優先に選んだのだなーと教えられました。



周りの危機に翻弄されて、
一番重要なことを見うしないがちな私たち。


一番重要なことは絶対忘れないように歩みたいものです。










☆今日の聖書のみことば☆
私たちは、互いに愛し合いましょう。 Ⅰヨハネ4:7
Let us love one another. 1 John 4:7



☆今後の予定☆
①6/30(金)7pmから牧師宅で祈祷会があります。

②7/16(日)3pmからの礼拝後、一品ずつ持ち寄って
夕食をみんなで頂く予定です。
参加される方は、シェアできる食べ物を一品持って教会に来て下さい。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。
[PR]
by jcfa | 2017-06-27 12:00 | Message(説教) | Comments(0)
こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


   * * * * *



日曜日。
「信頼」というテーマの3回目のお話を聞きました。
副題は「地上のものと天にあるもの」
聖書の箇所は、コロサイ3:1-5.



地上のものというのは、何かの物をさしているように思われがちですが、
聖書で言われるのは少し違います。


不品行
汚れ
情欲
悪い欲
むさぼり


という5つが書かれていました。
そして、これらはそのまま偶像礼拝である、と書かれています。


どんないい人にも、必ず心の中には罪の部分があります。
それが出るか出ないかの違いだけ。
そして、人間的に言うならば、
上にあげたようなことは、親や友だちに教わらなくても、
心の中に簡単に入ってしまい、
油断すると根付いてしまいます。
がんばらなくても出来てしまいます。



逆に、天にあるものは選びとって行かないと、出来ない事ばかりです。

どこで何をするにしても、キリストの前に聖い行動を取る
人間関係の中で、神の平等さと愛の交わりを経験する
イエス様の道を歩む
神の国を飢え渇いた気持ちで待ち望む



分かりやすくいうなら・・・

戒める
励ます
助ける
寛容である
悪に悪を報いない
善を行なう
いつも喜ぶ
絶えず祈る
すべての事に感謝する
悪はどんな悪でも避ける

・・・と、具体的な行動がⅠテサロニケ5:14-22に書かれています。
(ほかにもたくさんありますが・・・)



イエス様を信じる者として、
神様につくられた人間として、
天にあるもの(よいもの)を求め、選び、行なっていく人を目指そうという
チャレンジを与えられました。



できるかできないか・・・と問われたら、できない事の方が多いでしょう。


でも、求めることまで放棄しないように、
日々成長して行けるようにしたいなと願わされました。




   * * * * *



次回6/25(日)の礼拝が、「信頼」についてのお話しの最後となります。

お聞き逃しのないように~。
お楽しみに。






☆今日の聖書のみことば☆
いっさいのことを愛をもって行ないなさい。 Ⅰコリント16:14
Do everything in love. 1Corinthians 16:14


☆今後の予定☆
①6/30(金)7pmから牧師宅で祈祷会があります。

②7/16(日)3pmからの礼拝後、一品ずつ持ち寄って
夕食をみんなで頂く予定です。
参加される方は、シェアできる食べ物を一品持って教会に来て下さい。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。
[PR]
by jcfa | 2017-06-21 12:00 | Message(説教) | Comments(0)

充分に満ち足りていた!

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


   * * * * *



土曜日の運動会で疲れてしまった人が多かったのか、
日曜日の礼拝出席者は少な目でした。
でも、出張がてら子供も連れてシドニーから来てくれた親子がいて、
その方々と久しぶりに再会し、ともに礼拝が持てたことは嬉しい限りでした。
久しぶりにあっても、主にある家族っていいですね。
喜びがあふれました。



日曜日は、「信頼」というテーマでお話を聞きました。
今月はこのテーマで、4回にわたりお話ししてくれるそうです。



今週のお話は、「イエス・キリストのみで、充分である」という信仰について。



私たちの周りにあるものは、自分が働いて買った物や、
自分の努力で築き上げてきた資産だったりしますが、
実は考えてみると、神様の支えと守りがなかったら、
何一つ手にいれることはできなかったものばかり。



いのちが与えられ、
いのちが支えられ、
健康が支えられ、
考える力や努力する力が与えられているからこそ、
豊かなものに囲まれた生活が出来るんです。



神様の手から離れてしまったら・・・
全てがむなしくなり、
全てが消え去ってしまうと思います。



「私はイエス・キリストにあって、充分に満ち足りる者です」
と日々思い起こし、
あってもなくても感謝できる心を持ちたいと思わされました。



あってもなくても・・・と書きましたが、
実は、すべてがある。
私に必要なものはすべて与えられている。
与えられていないなーと不満に感じることがあったとしても、
それすらも神様のご計画の中にあって、
必要じゃないものか、時じゃないものかのどちらかなのだ・・・
そう思いました。



教会に行くと、普段気が付かない事や、
新しい発見などを与えられて、とてもいい気づきを与えられます。



今週一週間、与えられた気づきを覚えつつ、
神様に信頼して歩みたいなぁと思わされます。








☆今日の聖書のみことば☆
大水もその愛を消すことができません。 雅歌8:7
Many waters cannot quench love. Song of songs 8:7



☆今後の予定☆
①6/18(日)3pmからの礼拝後、一品ずつ持ち寄って
夕食をみんなで頂く予定です。
参加される方は、シェアできる食べ物を一品持って教会に来て下さい。

②6/3(土)Sports dayを開きます。
Bonython Park Kioskに10amに集合してください。参加無料。
お昼はありませんので、各自水や軽食を持参してください。
参加したい方はチーム分け等ございますので、
ご連絡お願いします。

③6/12(月/祝)10am~韓国長老教会で行われるバザーに参加します。
日本の食べ物を作って売る予定ですので、時間をあけて、お手伝いくださると感謝です。
お願い)たこ焼き用のペットボトルを集めています。
ご協力おねがいします。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。
[PR]
by jcfa | 2017-06-07 12:00 | Message(説教) | Comments(0)

家族の祝福と責任とは?

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


   * * * * *



さようなら5月。
ようこそ6月。
日本は梅雨の季節ですが、
ここアデレードも雨の多い冬の季節になっています。
f0234165_1426397.jpg




さて、今日は日曜日のお話をまとめようと思います。



昨日、「私達はイエス様によって兄弟姉妹だ」というお話を書きました。
兄弟姉妹/家族には3つの祝福があります。

1.家族とされていること。
新約聖書の大半を書いたとされるパウロ。
パウロも手紙を送る相手の事を「愛する兄弟」「息子」とよく使っているそうです。
家族と思っていたのですね。


2.神の力が与えられる。
自分には到底できないということも出来る力が与えられます。
それは単なるPowerではなく、
赦せない人を赦す力、
迫害する者を祝福する力、
喜ぶ者とともに喜ぶ力、
泣く者とともに泣く力などを指しています。(ローマ12:14-17)


3.永遠のいのちが与えられる。
イエス様がおられるところに行くことが出来ます。
家族がいますからね。


そして、祝福には責任も伴います。
神の家族に与えられた3つの責任とは?


1.聖くあること。
イエス様がそうであるように・・・

2.みことばを伝えること。
Ⅱテモテ4:2に書かれています。

3.次世代の育成。
自分だけにとどまらせず、良い行いをもって継承させていく。


 * * * * *


「家族」という単語から、聖書を通してたくさんの事を学びました。
自分の家族はもちろんのこと、
同じ神様を信じる人達も家族とされていることに感謝です。
そう思うと、世界中に家族がいっぱいです~♡





☆今日の聖書のみことば☆
すべて、主の聖徒たちよ。主を愛しまつれ。詩篇31:23
Love the LORD, all his saints! Psalm 31:23



☆今後の予定☆
①6/18(日)3pmからの礼拝後、一品ずつ持ち寄って
夕食をみんなで頂く予定です。
参加される方は、シェアできる食べ物を一品持って教会に来て下さい。

②6/3(土)Sports dayを開きます。
Bonython Park Kioskに10amに集合してください。参加無料。
お昼はありませんので、各自水や軽食を持参してください。
参加したい方はチーム分け等ございますので、
ご連絡お願いします。

③6/12(月/祝)10am~韓国長老教会で行われるバザーに参加します。
日本の食べ物を作って売る予定ですので、時間をあけて、お手伝いくださると感謝です。
お願い)たこ焼き用のペットボトルを集めています。
ご協力おねがいします。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。
[PR]
by jcfa | 2017-06-01 12:00 | Message(説教) | Comments(0)
こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


   * * * * *



あっと言う間に5月ももう終わり。
母の日があり、子どもの日があり...。
私は3月に母との別離がありましたので、
今年の母の日は少し複雑でした。
でも感謝なことに、ちょうど5月に韓国の母に会うことが出来ました。
もう一人母がいる事に感謝。
そして、一緒の時間が過ごせてよかったなと思いました。



人生あっという間。
離れて暮らしている人とは、生きている間にどれだけ会えるのか...。
そう考えると、数時間、数日がとても貴重なものに思えてきます。



礼拝時にも教えられました。

家族は、知り合いとは違う。
もっともっと密な関係。


教会でクリスチャン同士の呼称に
「○○兄弟」とか「○○姉妹」という言い方があります。
週報にも「○○兄」「○○姉」と書いてあります。
「兄とか姉とかって、どういう意味ですか?」と聞かれた事もあります。



それは、イエス様を信じている人は家族...という証しです。



そして、この聖書の箇所に由来しています。

イエスは手を弟子たちのほうに差しのべて言われた。
「見なさい。........ 天におられるわたしの父のみこころを行う者は
だれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」
マタイ12:49-50



だれでもイエス様の兄弟、姉妹。
だから、私達もお互い兄弟姉妹。



イエス様によって家族とされている。
そんな呼び名です。



呼び名だけじゃなく、本当の家族のようにお互い大切に思って過ごしたい。
私達の教会のメンバーは、きっと皆そう思っていることだと思います。




☆今日の聖書のみことば☆
そして、これらすべての上に愛を着けなさい。
愛は結びの帯として完全なものです。(コロサイ3:14)
And over all these virtues put on love,
which binds them all together in perfect unity. Colossians 3:14


☆今後の予定☆
①6/18(日)3pmからの礼拝後、一品ずつ持ち寄って
夕食をみんなで頂く予定です。
参加される方は、シェアできる食べ物を一品持って教会に来て下さい。

②6/3(土)Sports dayを開きます。
Bonython Park Kioskに10amに集合してください。参加無料。
お昼はありませんので、各自水や軽食を持参してください。
参加したい方はチーム分け等ございますので、
ご連絡お願いします。

③6/12(月/祝)10am~韓国長老教会で行われるバザーに参加します。
日本の食べ物を作って売る予定ですので、時間をあけて、お手伝いくださると感謝です。
お願い)たこ焼き用のペットボトルを集めています。
ご協力おねがいします。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。
[PR]
by jcfa | 2017-05-31 12:00 | Message(説教) | Comments(0)