<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ダブルYちゃんの最後の日。

先週のお話しになりますが、
韓国人のY.Uちゃんと、今回洗礼を受けた日本人のY.Hさんが最後でした。

f0234165_1116476.jpg


Y.Uちゃんはずーーーっと泣いてて、その泣き顔もとってもcuteでした。
Y.Hさんは、洗礼を受けるということが初体験(みんなそうですけど)だということで、
前日の夜眠れなかったそうで・・・
本人いわく「チキン」だそうです(笑)



みんなで「God bless you」を賛美し、2人の前途の祝福を祈りました。



Y.Uちゃんは大阪で留学生として、
Y.Hさんは愛知県で学生として、
これからまた頑張って行くことでしょう。





2人の勉強や交友関係が祝されますように。
新しい教会に通い始めることとなりますが、早くなじめますように。
そして、地の塩、世の光として、素敵な素敵な歩みができますように。

心からお祈りし、祝福します072.gif




前回書いたジョンナムさんちのチャーリーですが・・・

f0234165_11165110.jpg


まだ見つかっておりません007.gif
どうぞ、どうぞ一日でも早く見つかりますように。
[PR]
by jcfa | 2011-03-28 11:18 | Service(礼拝) | Comments(0)

Donation 募金活動

アデレード日本人教会は、
今週の木曜日(24日)5時から8時半まで再び募金活動を行います。
今回はちょっと場所を変えて、
166 The Parade Norwoodでやります。
本屋さんの横に立ちます。

祝福されますように〜〜〜。




We ( Japanese Christian Fellowship of Adelaide) are going to stand on the street
for fundraising for Japan on this Thursday(24th) at 5-8;30pm again!!
But this time, spot is next to Angus and Robertson book shop
on 166 the Parade Norwood
.

Please pray for us!!





文章かいてくれた歌姫さんに感謝。
でも、昨晩から歌姫さんとこのチャーリーがいなくなってしまいました。
早く早くかわいいチャーリーが見つかりますように、
みなさんお祈りしてください。
[PR]
by jcfa | 2011-03-22 08:52 | Comments(0)

募金活動写真報告。

こんにちは。

この間の募金活動の記事は読んでいただけましたか?
その時の写真を載せていなかったので、
今回は写真集です。


トップバッターで路傍に立った歌姫さん&歌姫さんの末娘Mちゃんです。
f0234165_7405746.jpg
最初の人が来てくれるまでどきどきでしたが、
来てくれたときは、どばーっと涙が出てしまったようで、
募金した人もびっくりしていたようでした。
Mちゃんのママの顔をみている顔、かわいすぎます016.gif






そして、自転車からわざわざ降りて、ささげてくれたお兄さん。
f0234165_7363739.jpg


オーストラリアでは募金精神が浸透していて、
とっても自然な光景です。日本人として羨ましい限り。
Miちゃんの背中をずいっと押しているクラフト大将さん、おもしろーい(笑)





そしてpm8:30終了。
f0234165_7373148.jpg

募金箱の重みに感謝しつつ、
主に祈りを捧げました。





また、今週も木曜日、Norwoodに立つ予定です。
アデレードにいる方はこの募金を広め、
また来られる人は来て、ともに励ましてくださると感謝です040.gif





そしてそして、日曜日の礼拝もとっても感謝でした072.gif

最近、涙腺が開きっぱなしで、毎日涙が出てしまいますが、
この日もこらえるのが大変なほど、感激な一日でした。
その報告はまた今度。
[PR]
by jcfa | 2011-03-21 07:46 | Comments(2)

地震についての思い

2011年3月11日、午後2時46分。

M9.0の地震が日本を襲う・・・



遠いアデレードにいて、助かった~、なんてとても思えない。



自分が日本にいない、ということがこんなにつらくのしかかるなんて。



きっと海外にいる日本人、みんな同じ気持ちだと思う。



がんばって。



祈ってる。



それしか言えない。それしか出来ない。



昨日、Japanese Christian Fellowship of Adelaideの名を掲げ、
初めて道に立った。

「日本を助けて。」

募金を募る。


それを見たオーストラリア人、中国人、
その他たくさんの人たちが募金をしてくれた。
しかも温かいまなざしと、声かけもあり。

「僕もクリスチャンだよ。祈ってるよ。」
とか、言われるだけで号泣。



地震、津波、原発の被害にどんな神様のご計画があるかは分からない。
でも、その意味は一つじゃない気がする。

私たちはつらい状況の中にあって、
人々のささやかな愛が、これほど強く、温かいものだということに気がついた。

そして、クリスチャンとして、もっと熱い祈りが出来た。
みんなと、国境を超え、一つの思いになれた。


草は枯れ、花はしぼむが わたしたちの神の言葉はとこしえに立つ。イザヤ40:8
The grass withers and the flowers fall, but the word of our God stands forever. Isaiah40:8



主のみ言葉は永遠。
Forever・・・



永遠なる主が助けてくださいますように・・・


(お知らせ)
来週3/24(木)pm5:00~8:30Norwood Hoyts前で募金を募ります。
来てください。
[PR]
by jcfa | 2011-03-18 08:11 | Comments(0)

回想


こういうときは、どういう風に書き始めたらいいか、わからなくなります。

金曜午後の東日本大震災。
牧師先生宅にバイブルスタディのために集まっていた面々でニュースを見ました。
通常の番組をおしての、地震情報ニュース。
仙台沖で地震があったことは4時頃の段階で知っていましたが、まさか、まさか、ここまでの被害が出るなんて。

土曜日、日曜日とだんだん被害の状況が伝わってくる中で、アデレードにいる私たちは、日本にいる家族友人と連絡をとること、募金の送金先を探すこと、そして祈ることしかできない・・・。

日本で計画停電をすると知り、日本にいられたらどんなによかっただろうと思いました。
被災された方々のため、日本でその一員となれたら、どんなによかっただろうと。


ここにいることで、でも、多くの外国人の人たちの心遣いや祈りにもふれました。
被災地の方々の必要が満たされますように。
大切な人を亡くされた方々に神様からの平安が届きますように。
福音が広められますように。



日曜の説教は、「回想」についてでした。
エジプトから連れ出されたイスラエルの民に、モーセが最後にした説教。
神様が守ってくださってここまで来たことを思い起こせ。

ここまでの自分の歩みは、未来も正しく歩めるという保証にはならない。
でも、ここまで守ってくださった神様の御手は、これからも必ず正しく導いてくださる。
いつでも、絶えず神様により頼んで生きたい、そうでなくちゃ生きられない。

本当は、いつだってそうなんだろうと思います。
一瞬先のことだって私たちは誰も見通せない。
でも、今まで大丈夫だったからこれからだって大丈夫。
そういう自分に対する「信仰」を持ってしまう。

でも本当は、地震があって、原発が爆発して、一瞬先だってわからない。
大きなことでなくても、小さな間違いから、全く歩みが変わってしまうこともある。
自分に対する自信や信仰でなく、
地震のさなかもその後も必ず導いてくださる神様に頼ることができるのは、
本当に幸いだと思います。



遠くアデレードの地から
被災された方々のため、
多くの援助活動をされている方々のため、
指揮をとる日本政府のために祈ります。
神様の正しい導きがありますように。
[PR]
by JCFA | 2011-03-14 09:02 | Service(礼拝) | Comments(0)

本当の助けはどこから来るの?

みなさんは車に乗りますか?



アクセルを踏んで、風を切って走る時とっても爽快です。
でも、もしその車にハンドルとブレーキがなかったら・・・
そして、その車がどんどん加速しているとしたら・・・


私たちの人生は、まさにそんな車に乗っているようなものです。
誰もどこに行くのか、何のために生きているのか、死んだらどうなるのか、
その的確な答えを持たずに生きています。


生きるのに不安になった時、
何のために生きているのか不安になった時、
死んだらどうなるのか不安になった時、
誰に助けを求めますか?


周りの人、その道のプロなど、いろいろあるかもしれません。
しかし、その助けは一時的です。


それはなぜか。
それは、わたしも、あなたも、他の人みんな、作られた存在だから、
誰も自分では作られた目的なんか分からないからです。
でも、それを作った人なら違います。
作った人は、作る前に必ず「こういう目的のために○○を作ろう」と思うからです。


聖書には、神が人間を作られた、とあります。
神は、「われわれに 似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。
そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、 地のすべてのもの、
地をはうすべてのものを支配させよう。」
と仰せられた。創世記1:26

そうなると、人間が作られた目的を一番よく知っているのは神様と言う事になります。
私たちの本当の助け、生きる目的の答えは、神様にあります。


その事をみんなが知ることができたら幸いです。
[PR]
by jcfa | 2011-03-10 18:41 | Service(礼拝) | Comments(4)

大自然を堪能できるアデレード

こんにちは~。

秋になったアデレード、みなさん堪能されていますか?
日本の人は春ですね。花粉症の季節だ・・・


最近、わたし、海を見ても空を見ても、神様を思います060.gif


Brightonの海に行ったんですけど、もうそれはそれはキラキラなんですよ072.gif
まぶしいほどに。海もずーーーーっと透明で。
大感動でした053.gif
いやぁ、神様の創られた作品ってハンパないですね。




空を見ても、星がもう落ちてくるほどきれいで072.gif072.gif072.gif
日本であれだけよくみたオリオン座も、輝きが違う!!
そして、星屑のような星たちもちゃんと肉眼で見えるし。
感動~053.gif053.gif


そして近所のクリーク(小川)でYabby(ザリガニ)もつかまえましたし。
f0234165_10115394.jpg

Yabbyって・・・オージーイングリッシュ???
かわいすぎです、名前。



そしてそこでコアラも見ましたし。
f0234165_1012185.jpg

コアラは何回見ても、大興奮を味わいます。いやー、かわいい037.gif



日本にいるときは人間の渦に飲み込まれ、
人間の作ったビルに囲まれた生活だったので、
自然を見て、神様を感じる、という経験が難しい状況でした。

でも、アデレードに来たら、もう神様の作品だらけ。
それが一個一個、素晴らしすぎる。


初めに、神が天と地を創造した。創世記1:1


神様を感じる心を与えてくれて、ありがと。
か・み・さ・ま016.gif
[PR]
by jcfa | 2011-03-09 10:17 | Adelaide(アデレード) | Comments(4)