<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子供の日フェスティバルのお知らせ。

5/1(日)11am~
子供の日フェスティバルで教会のチラシ配りをしたいと思っています。

ちらしは日本語版と英語版の両方を作成しました。

当日日本人以外の方もたくさん来られます。
しかも、ホームステイをしているなど、日本に関心のある方々が
来られると思われます。

配られるちらしが、一枚一枚地に落ちることなく、
大きく用いられることを祈ります。


当日来れる方は、現地に11時に集合して下さい。
また3時の教会の礼拝時刻には教会に戻る予定ですので、
よろしくお願いします。

なお、英語と教会学校はお休みにします。


場所:Cowandilla Primary school, Jenkins St, Cowandilla(教会から車で16分)
[PR]
by jcfa | 2011-04-26 11:06 | Comments(0)

イースターおめでとうございます。

昨日はイースターでした。

なので・・・イースター、おめでとうございました。




教会にとって「クリスマス」と「イースター」はとっても大切な
2本の柱のようなものです。


特にイースターは、主イエス・キリストが私たちの罪のために
死んでくださり、
でも死で終わるのではなく、その死をも打ち勝って下さり、
死から復活してくださった日を覚える記念日です。


イエス様の復活、それを信じる者は、
イエス様のように、死をも打ち勝つことができ、
新しいいのちが与えられます。






今日、いろいろ考えていたとき、こんな言葉に出会いました。



あなたが過ごした無駄な今日は、
昨日死んだ人がどうしても生きたかった明日である




イエス様によって、私たちに与えられた一日一日。

イエス様によって、私たちに与えられたこの命。

無駄に過ごしてしまうことがどれほど多いでしょうか。




ヘソ先生が先週のメッセージで語っていましたが、
ヘソ先生には白血病で亡くなったお友達がいたそうです。

二人が出会ってから、たった数カ月で亡くなられたそうですが、
その人は「もっと生きたい」と常に言っていたそうです。

自分が怠惰な思いになってしまう時、
その友人の事を思い出すそうです。



私たちも与えられた命を大切にし、
与えられた日を大切にし、
与えられた周りの友人を自分のことのように大切にするなら、
きっと素晴らしい祝福を神様はくださるのではないでしょうか。




今年もイースターをお祝いできて感謝でした。
[PR]
by jcfa | 2011-04-25 14:49 | Comments(0)

イースターの意味…

町のあちこちにチョコレートで出来たたまごやウサギを見かけます。
これはイースターからきたもの。
イースターは、私たちの信じるイエス・キリストが復活されたことをお祝いする日です。
決して「エッグハント」をする日ではありませんよ~。



イースターは、もう一度いいますが、「復活」のお祝い。
でも、「復活」には「」がつきものです。
」がないと、「復活」もありえません。
そして、その「死」をあらわすのが、十字架です。

f0234165_657249.jpg




今週はその「」への道のりを覚える「受難週」です。
(週報に「アドベント(クリスマスを待つ週)」と書いたのは私です・・・すみません((+_+)))



でも、なんで「」んだのでしょう?
イエス・キリストって神じゃないの?
そう思われる方もおられると思います。



じ・つ・は、本当は私たちが(肉体も魂も)死ぬべき存在なんです。
でも、それを助けるためには、罪のない方の身代わりが必要でした。



その事を自分の事として深く深く思う時、
神様は恵みを、そして祝福をたくさんお与えになります。



戦争の苦しみ、原爆投下、そして今回の津波と大地震・・・
私たちにとっては、どれも心痛く、悲しい事ですが、
その事を忘れてはいけないのと同じです。
覚える事・・・そこから未来につながっていくのだと信じます。



今年もイースターを迎えます。
今年は、イースターの本当の意味を知ってみませんか?




教会に来てくださることを心からお待ちしています。



十字架のことばは、滅びに至る人々には 愚かであっても,
救いを受ける私たちには、神の 力です。
(Ⅰコリント1:18)

For the message of the cross is foolishness to those who are perishing,
but to us who are being saved it is the power of God.
(1 Corinthians 1:18)

[PR]
by jcfa | 2011-04-19 06:59 | Service(礼拝) | Comments(0)

震災者追悼式典写真集 at Elder park

シルエットクイズ:「だーれだ?!」
f0234165_7282237.jpg








写真で見ると人少ないけど
実際はもっともっと多かったです。
f0234165_729635.jpg






仏教色にそまる中、
私たちの唯一の希望、イエスキリストの名によって
祈りがささげられたことは、
私たちが計り知れないほど大きな恵みだったと思います。
神様がこの祈りを聞いてくださると確信します。
[PR]
by jcfa | 2011-04-15 07:32 | Comments(0)

食事会、球技大会のお知らせです(重要)。

お知らせです。



今度の日曜日(17日)は、礼拝の後・・・
夕食を一緒にたべまーす

日本食に飢えてる方、日本語でのお話に飢えてる方、
どんな方でもぜひどうぞ。

礼拝は3:00スタートで、
大体終わるのが4:30.
ご飯はそれから準備ができ次第スタートです。

そして無料です(ここ重要(笑))



そして前もってお知らせします。

来週の土曜日(23日)の午前中、
球技大会をもちまーす。

内容は・・・バスケ、テニスなどなど。
場所などくわしいことは、きっとえみみ姉がUPしてくれることでしょう。



寒くなってきましたが、お体に気をつけて。



あ、今日のことですが、日本の地震被災者追悼式典
5:30からElder parkでおこなわれます。
キャンドルをお持ちの上、皆さんの参加を待っています。

ヘソ先生も祈る予定です。
祈りを大きく広げましょう。
[PR]
by jcfa | 2011-04-11 12:03 | Comments(2)

元気を失わないためには?

日曜日・・・


なんと! チャーリーが帰ってきました~003.gif


おめでとうございます。
たくさんのお祈り、感謝でした040.gif



さてさて、この間の礼拝のことを書こうと思います。
聖書の箇所は、ヘブル12:1-3からでした。

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。
イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、
はずかしめをものともせずに十字架を忍び、
神の御座の右に着座されました。
あなたがたは、罪人たちのこのような反抗を忍ばれた方のことを考えなさい。
それは、あなたがたの心が元気を失い、
疲れ果ててしまわないためです。





↑の聖書の言葉を見ると、
最後のほうに、私たちが元気を失わないため、疲れ果ててしまわないためには
どうするべきかが書かれています。




それは、忍耐の人生を過ごされたイエス様のことを考えること045.gif




イエス様は、神なのに、人となられた。
イエス様は、馬小屋で生まれられた。
イエス様は、罪もないのに、十字架刑によって殺された。
そのほかにもたくさんの苦しみに会われた。




それはすべて、私たちを愛し、救いたいがゆえの行為でした。




私たちはそのイエス様のことを考えることが大切です。




苦しい時、
さみしい時、
つらい時、
壁にぶちあたった時、
もっともっと苦しまれたイエス様のことを考えましょう。




イエス様は忍耐をも喜ばれた、と聖書にあります。




忍耐とは、何かをがまんすることではなく、
積極的な歩みをしていくことである。(by.ヘソ先生)





昨日の夜、また大きな地震がおきました。
宮城県を中心として、被災地におられる方々が
元気を失い、疲れ果ててしまわないように、
生きる希望が日々与えられますようにお祈りします。
そして、一日も早い復興がなされることをお祈りします。
[PR]
by jcfa | 2011-04-08 07:27 | Service(礼拝) | Comments(2)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る