人気ブログランキング |

地震についての思い

2011年3月11日、午後2時46分。

M9.0の地震が日本を襲う・・・



遠いアデレードにいて、助かった~、なんてとても思えない。



自分が日本にいない、ということがこんなにつらくのしかかるなんて。



きっと海外にいる日本人、みんな同じ気持ちだと思う。



がんばって。



祈ってる。



それしか言えない。それしか出来ない。



昨日、Japanese Christian Fellowship of Adelaideの名を掲げ、
初めて道に立った。

「日本を助けて。」

募金を募る。


それを見たオーストラリア人、中国人、
その他たくさんの人たちが募金をしてくれた。
しかも温かいまなざしと、声かけもあり。

「僕もクリスチャンだよ。祈ってるよ。」
とか、言われるだけで号泣。



地震、津波、原発の被害にどんな神様のご計画があるかは分からない。
でも、その意味は一つじゃない気がする。

私たちはつらい状況の中にあって、
人々のささやかな愛が、これほど強く、温かいものだということに気がついた。

そして、クリスチャンとして、もっと熱い祈りが出来た。
みんなと、国境を超え、一つの思いになれた。


草は枯れ、花はしぼむが わたしたちの神の言葉はとこしえに立つ。イザヤ40:8
The grass withers and the flowers fall, but the word of our God stands forever. Isaiah40:8



主のみ言葉は永遠。
Forever・・・



永遠なる主が助けてくださいますように・・・


(お知らせ)
来週3/24(木)pm5:00~8:30Norwood Hoyts前で募金を募ります。
来てください。
by jcfa | 2011-03-18 08:11 | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る
更新通知を受け取る