人気ブログランキング |

日曜日の礼拝を第一にしているChic-Fil-A

アデレードにいると、土日休みの店が多い事に気づきます・・・



ということで、日曜日に出て来たもう一つの「例話」をご紹介。




アメリカで徹底的に聖書的原則に立った経営理念を前に打ち出した
Chic-Fil-A(チック・フィレ)
f0234165_634447.jpg





“Chic-Fil-A神話”いう新造語まで作り出し、
ビジネスの新しい成功モデルとして注目されているChic-Fil-Aは、
ファーストフード店なのに日曜日を定休日としているそうです。



それでも、一つの店舗で平均270万ドルの売り上げを出し、
マクドナルドの240万ドルを越えた、とAJCは報告しました。



新聞によれば、2010年全国レストラン1,537個の店舗を持ったChic-Fil-Aが
14207個の店舗をもつマクドナルドより、
一店舗当たり平均30万ドル多く儲けを出して、
関係者たちを驚かせたそうです。




ワシントンD.Cを含むアメリカ39州1540店舗を運営しているChic-Fil-Aは、
毎年設立史上最大収益を更新しているそうです。
10年前の売り上げ10億ドルを始まりに、
4年前には20億ドルを突破し、
最近では35億8千万ドルを記録しています。




1967年父親であるトゥルエ・キャシーTruett Cathyが設立した事業を
彼の息子ダン・キャシーが受け継ぎ、現在、最高経営者として活動しているそうです。

彼はニューホープバプテスト教会に出席しているクリスチャン




トゥルエ・キャシー会長は2007年に幹部修練講演会で、
“私たちは神様の導きを祈る。
また、私たちが経営する会社同士助け合い、争うことをしない。”
と演説しました。




日曜日には店を閉めることを鉄則とし、日曜日は職員が休み、
礼拝に行けるように配慮しています。




一週間の売り上げの14%を日曜日に稼ぐと計算すると、
今まで5億7300万ドルを損したことに
なる。それを聞いたChic-Fil-Aの経営陣は、
「もしそうであったとしても、その金は私たちに必要ない。」
といったそうです。
(かっこよすぎます・・・)




創業者トゥルエ・キャシーは日曜日を休むことは、
私たちが選んだ最も良い経営戦略だった、と語りました。






以上です・・・


でも「日曜日にもし営業していたらいくら稼げたか?!」なんていう事を
わざわざ計算して教えてくれるおせっかいさんがいたものです。
それを聞いても「そのお金は私たちに必要ない。」ときっぱり言える・・・
そんなビジネスマンは聞いたことがありません。


なぜこう言えたかというと、
ビジネスよりも、日曜日礼拝を守ることを
優先させていたから。



私たちは
「バイトがあるから。」
「友達と会うから。」
「遊びに行くから。」

といって、礼拝を二の次に回してしまうことがあるのではないでしょうか。


でもこれは神様の喜ばれることではありません。


神様のことを最優先。


そんな歩みをさせていただきましょう。






今日の聖書のみことば
「収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」
マタイ9:38
Ask the Lord of the harvest,
therefore, to send out workers into his harvest field.
Matthew9:38
harvest:収穫 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


みなさんのお越しをお待ちしています。

   ↓  ↓  ↓

245Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。




↓Click!してくれる?!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
Commented by えみきち at 2012-01-23 09:29 x
ほんとだね。何もなくて生まれて来て、何ももたずに死ぬんだし、神様がくださった命とその他全部だもんね。思い起こさせてくれてありがとう。
Commented by jcfa at 2012-01-23 15:12
>えみきちさんへ。
この世のものにとらわれない生活をしたいですね。
by jcfa | 2012-01-15 06:04 | Comments(2)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る
更新通知を受け取る