嵐と共に・・・

JCFAの人はもう知っているとは思いますが・・・



何を隠そう、私はのファンです(爆)


本物の嵐5人がアデレードに来ることはありませんが、
本物の嵐・・・天気の嵐の方です・・・が今日、アデレードにやってきました。


確か先週の木曜だったか、金曜だったかも嵐でした。



今日は雹も降りましたし、雨も斜め45度でどっしゃぶりでしたよ。


そんな中今日はBible studyをしました。
ときおり雨が激しくなると「おー」って言って脱線しましたが(笑)




今日はマタイ15:21-28のところから。

異邦人(ユダヤ人じゃない人)の女の人の娘が悪霊につかれていました。
それを直してもらいたくて、その女の人がイエス様に懇願するシーンです。




もしこの人の子供が病気じゃなかったら・・・

きっとイエス様のところにはいかなかったでしょうね・・・




私たちは自分に降りかかる「問題」をただ「災難」だととらえ、
出来ればその災難は降りかかってほしくないものだ・・・と願います。


でも、実は災難だと思われるつらいことは「祝福の窓口」だったりするんですね。


自分の過去を思い出してみても、その時は死にたくなるほどつらいことだったけど、
何年か後に振り返ってみると、あの時があったからこそ、今の私がある・・・
そう思える事がたくさんあります。


今思えばいい思い出だな~と思えたり・・・
その事があったから、自分がもっと優しくなれているような気がしたり・・・


災難だと思われるつらい事が降りかかっても、
たとえそれが「祝福の窓口」だと思う事が難しくても、
でも必ずそこから抜け出せる日はやってくる・・・
そしてそれを乗り越える力を神様は絶対に下さっている・・・
そう信じて歩んでいくことができたなら・・・



今日も聖書から語りかけをいただき、
自分をまた省みる時間を与えられ、感謝です。






外はまだ大荒れです。

暖かい家に守られて過ごせる事に感謝です♪





今日の聖書のみことば
そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。
「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」
すると、彼女の娘はその時から直った。マタイ15:28
Then Jesus answered, "Woman, you have great faith!
Your request is granted." And her daughter was healed from that very hour. Matthew15:28
grant:(願いを)かなえてやる、承諾する
that very hour:ちょうどその時

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


みなさんのお越しをお待ちしています。

   ↓  ↓  ↓

245Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。




↓Click!してくれる?!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
by jcfa | 2012-08-23 14:47 | Bible Study(聖書の学び) | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る
更新通知を受け取る