ルツ記から学んだこと

モクレンの花もきれいに咲いています。
f0234165_19495771.jpg






以前はあちこちでピンクの花が咲き乱れているなーと思っていたら、
いつのまにか今度は白い花が咲き乱れていたりしています。


とにかく、あちらこちらで春の風景を目にしながら、
アデレードにも本格的に春がやって来たなぁと思わされています。



今日はBible studyでした。


聖書はルツ記から学びました。
そのタイトルからも分かるように、
ルツ記はルツという女性の人生にスポットが当てられた
書物です。
今日は、ルツのことと同時に、姑であるナオミの人生についても考えてみました。



注目される人のそばには、必ず陰になって支えている人がいます。

まるでヘレン・ケラーにサリバン先生がいたように・・・



外国人であり、異教の神々に仕えていたモアブ人であるルツが
信仰を持ち、モアブからイスラエルに引越し、
やがてダビデ王やイエス様の先祖になった、というルツの人生の陰には、
姑ナオミの信仰がありました。

聖書には詳しく書いてありませんが、
お嫁さんたちが泣いて別れを嫌がったり、
ルツに良いアドバイスを与えたりするところからナオミの人柄と信仰がうかがえます。



私たちの人生も、多くの人に注目されたりスポットライトを浴びる人生では
ないかもしれません。
でも、ナオミのように信仰的に周りの人に良い影響を与える事の出来る人、
周りの人を支える事の出来る人になれたら素晴らしい事だと思います。



人それぞれにはみんな役割があります。

その役割には優劣も大小もありません。

神様の目にはどれも大切な役割。




神様から与えられた役割に忠実に、
そして影響力のあるクリスチャンでいれますように・・・





今日の聖書のみことば
「ルツは言った。『あなたを捨て、あなたから別れて帰るように、私にしむけないでください。
あなたの行かれる所へ私も行き、あなたの住まれる所に私も住みます。
あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です。』」ルツ記1:16
But Ruth replied, "Don't urge me to leave you or to turn back from you.
Where you go I will go, and where you stay I will stay.
Your people will be my people and your God my God. Ruth1:16
urge:駆り立てる、追い立てる

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


みなさんのお越しをお待ちしています。

   ↓  ↓  ↓

245Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。




↓Click!してくれる?!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
by jcfa | 2012-09-06 19:47 | Bible Study(聖書の学び) | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る
更新通知を受け取る