説教:「アポロのような信仰」使徒18:24-28

初代教会で活躍した人をあげるとすれば誰をあげますか?



と聞かれたら、多くの人がパウロやペテロの名をあげると思います。
でも、この二人の他にもう一人います。
それは、アポロと言う人です。




日曜日の説教の箇所は「アポロのような信仰」使徒18:24-28


余談ですが・・・日本人にとってアポロはこれですよね。
f0234165_16492975.jpg

おいしそ~016.gif




・・・すみません。言いたかっただけでした。
話をもとに戻します。



聖書にアポロの記述は少ないのですが、
そこから読み取れることはたくさんあります。



アポロはエジプトのアレキサンドリア出身のユダヤ人で、
バプテスマのヨハネの弟子だった人でした。
非常に有名な説教者で、旧約聖書とギリシャ哲学に優れた人でした。



今日の聖書の箇所では、コリント教会に分裂がありました。
だから、その中心的な人物につくと言い合っていたのです。



でも、アポロの素晴らしいところは雄弁さやカリスマ性だけではありません。
一番素晴らしいところは「謙遜さ」でした。



私たちもそうですが、みんなよりも優れていたり、上に立ったりすると、
それよりも下の人の意見を素直に聞くことが難しくなります。
私も子供の話をかる~く聞くことがよくあります。



でもアポロはそうではありませんでした。
最近信者になったというアクラとプリスキラの助言(教え)に素直に耳を貸し、
それを素直に受け入れたのです。
そして彼は自分がいたエペソを離れコリントに渡り、
イエス・キリストの教えを伝えることができるようにプリスキラとアクラに
お願いします。


信仰は聞くことから始まり、
聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。ローマ10:17



 
知識や経験や年齢じゃない。
相手を先入観で見ず、
決して高慢にならず、
自分の間違いを人前で認めることに臆することなく、
謙虚に聞く耳を持つ・・・




これってすごく必要なことだと学ばされました。





もう5月。



心を新たにし、
聞く耳を持ちつつ、
謙虚に歩まされたいと願います。



今日の聖書のみことば
「神の恵みによって、私は今の私になりました。そして、私に対するこの神の恵みは、
むだにはならず、私はほかのすべての使徒たちよりも多く働きました。
しかし、それは私ではなく、私にある神の恵みです。」Ⅰコリント15:10
By the grace of God I am what I am, and his grace to me was not without effect.
No, I worked harder than all of them--yet not I, but the grace of God that
was with me. ⅠCorinthians15:10





072.gif今後の予定072.gif
①5/12(月)~30(金)牧師は韓国に一時帰省します。
5/18,25(日)の礼拝には韓国人の牧師先生をゲストにお招きする予定です。
日本語通訳つきます。










056.gifみなさんのお越しをお待ちしています056.gif

   ↓  ↓  ↓

245Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。








↓Click!してくれる?!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
[PR]
by jcfa | 2014-05-02 17:08 | Service(礼拝) | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る