知っていることと信じることの違い

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


日曜日、「知っている事」「信じること」の違いを教えていただきました。


聖書箇所は、マルコ6:1-6.


イエスさまはあちこちで力あるわざや奇跡をおこなわれましたが、
唯一、自分の地元ではそれを行なう事が出来ませんでした。
なぜかというと、地元の人はイエス様を「知っていた」からでした。

「あの人は大工じゃないか。あの人はマリヤの子じゃないか。
ヤコブの兄弟じゃないか」

そう言ってイエスにつまずいた・・・と書かれています。


そんな彼らを見て、イエス様はその不信仰に驚かれました131.png


今回のメッセージを聞きながら、
「知っている」って、いい事のように思えるけれど、
危険性も含まれているんだな~と思わされました。


私にも、思い当たるエピソードがあります。

ある日のデボーションで、ルカ2章を読む日がありました。
「ルカ2章」
それは、とても有名で、よく読まれる箇所です。
子どもの頃から教会に通っている私は、
「ルカ2章」と聞いただけで、すぐストーリーが目に浮かびます。

私は聖書を読む前から、こう思っていました。

「あぁ、この箇所か。知ってるストーリーだなぁ。
教えられることなんて、まだあるのかなぁ」


なんという高慢な思いでしょう。
でも、神様は「ルカ2章」から感動を与えてくださいました177.png
心が揺さぶられ、神様の恵みを実感しました177.png
それと同時に、自分の高慢さも示されました。
超反省。


「知っている」という思いは、
力あるわざ、恵みや祝福をそこでストップさせる危険性を持っています。
私は、自分が今後こういった間違いをしないようにと、
いつも書き留めるノートに、その日の思いを記しました。

もう何年も前のことですが、
未だに忘れる事ができない体験です。


私たちは、「信じる」のです。
神の人は、知識にとどまらず、その信仰によって生きる人なのです。


「知っている」ことで過ちを犯さないように、
「知っている」とつぶやくことで、主の力あるわざをストップさせないようにしよう・・・


そう教えられました。


* * * * *


昨日、我が家に1週間遊びに来ていた妹同然の子がシドニーへ帰っていきました。

f0234165_17382629.jpg
アデレードは2回目でしたが、今回はゆっくり
あちこち行って、遊ぶことが出来ました。
3月までシドニーにいるので、もう一回来るようなことを言って
かえって行きましたよ102.png


そして、その子が帰る1日前にヘソ牧師は韓国へ旅立ちました。
私は、しばらく留守を守るので、ちょっと緊張・・・。
行った方も残った方も守られるようにお祈りください。






☆今日の聖書のみことば☆
すべて、主の聖徒たちよ。主を愛しまつれ。詩篇31:23
Love the LORD, all his saints! Psalm 31:23



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①5/20(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、5/25(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2018-05-09 18:04 | Message(説教) | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る
更新通知を受け取る