カテゴリ:Baptism(洗礼式)( 1 )

おまめちゃんの洗礼式☆

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


投稿のカテゴリーに「Baptism(洗礼式)」を追加しました。
今回の投稿は、そのカテゴリーの1番目。


おまめちゃんの洗礼式でした102.png
6/17(日)のこの日は、おまめちゃんの21歳のお誕生日でもある日。
自分の誕生日と、クリスチャンとしての誕生日が同じ日になったという人は、
私初めて会ったかもしれません。
ダブルのおめでたとは、まさにこのことです171.png

f0234165_10475764.jpg
たくさんの人が証人として集まりました169.png

f0234165_10485197.jpg

滴礼式の洗礼式。
これからクリスチャンとして生きていくとの表明を表しました。


f0234165_10505918.jpg

その後、おまめちゃんがどのような事を通してクリスチャンになる決心を与えられたかの
お話し(証し)を聞きました。


かいつまむと・・

*17歳まで特に神様の事を信じてもいなかった。

*日本の高校を中退、尊敬していた父から厳しい言葉をかけられ、
この先の目標を見失ってしまった。

*逃げるように、オーストラリアに来る。
友人の紹介からアデレード日本人教会を知る。

*初めは何を語られているのか理解できなかったが、
不思議と神様に対する魅力を感じるようになった。

*ずっとほしかったもの、何をしても埋められない心にぽっかり空いた穴を
埋めるヒントがもらえるような気がして、教会に通い続けることにした。

*成人式の時に一時帰国。その時もつらい再会を経験した。
何も変わっていない自分、
自分の成長した姿を家族に見せられると思っていた自分の傲慢さを突きつけられた。

*その後、自分の弱さを見つめる日々を過ごしたが、
いくら自分の罪を数え続けても、自分には背負え切れないと気づいた。

*アデレード日本人教会20周年記念礼拝の時、
自分も神様の御計画の中を歩んでいることを感じ、洗礼を決心。

*前に進むのを怖がっていた自分が、今は怖がらない自分へと変えられた。

*壁を作ることも多かった自分が、今は人のために何が出来るか考えられるようになった。
それは、神様が一緒にいて下さると知ったから。

*自分を低くするとは自分を否定したり傷つけたりすることではなく、
誰かのために尽くすことだと気づかされた。

*愛を受けられる存在に価値があるのではなく、
愛を与えられる存在にこそ価値があると知った。

*周りの人間からの愛に飢えて寂しい思いをしたり、
そんな自分に価値がないと思うのは、間違っていた。

*神様は無駄なことはなさらないという事を信じ、
今までの苦しみの意味をいつか神様は教えてくださると信じ、待ち望みたい。

*今の私には、間違ってもいつでも安心して帰れる場所がある。

*自分の弱さを知ることはマイナスではなく、
神様によって強められる過程だと教えられた。

*1コリント13:4-7:一番大好きな言葉


このような言葉を涙ながらに語ってくれて、
聞く私たちも涙涙でした。





全て終わり、教会からの記念品として、
木工の工、拓木くん手作りの時計がプレゼント。

f0234165_11322264.jpg

最初から最後まで本当に素敵な式でした162.png


これからのおまめちゃんのクリスチャンとしての歩みが守られますように、
心からお祈りします。

そして、彼女とともに一歩一歩歩んで行ける幸せを
感謝します。









☆今日の聖書のみことば☆
こういうわけで、いつまでも残るものは
信仰と希望と愛です。 Ⅰコリント13:13
And now these three remain;
faith, hope and love. 1 Corinthians 13:13



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①6/17(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、6/29(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2018-06-26 11:33 | Baptism(洗礼式) | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る