カテゴリ:Book(本)( 31 )

本:日曜日部長は牧師になる

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


本日は、本のご紹介。

f0234165_14532638.jpg

日曜日 部長は牧師になる (小学館文庫)

小形 真訓/小学館

undefined




こちらの著者、小形真訓(おがたまさのり)さんは、
月曜から金曜までは企業の広報マン。
そして、週末はキリスト教伝道をされてきた方です。
1939年生まれなので、現在はリタイアされ、
牧師も迎えられ、月1でお話しを担当しておられるようです。



本に書いてある事で、心に留まったことを少し抜粋して、ご紹介します。



*教会は、「この世に遣わされた」という意識を持っている。
これは、クリスチャンも同じ。
だから、この世、この社会を離れて教会はありえないし、
個人の信仰も社会生活と切り離されない。



*信じることは、逃避ではなく、生きることへのより積極的な取り組み。


*神の導きや支えを信じることと、
精一杯努力する事とは、矛盾しないで両立する。



*「神の国はあなたがたの中にある」
遠く離れて神の国があるのではなく、
今ここ、信仰を持つ者が立っているところに、神の国がもう始まっている。



*人の目は上へ上へと向かう(出世等)。
しかし、神の視点は下へ下へと降りて来る。
人は何とかして上にのし上がろうとするが、
神は一番低い所に潜り込もうとする。




牧師はプロ。
自分はアマチュア。
そう言い切り、企業マンとして働くことと、
キリスト者として生きることをうまく両立させ、
葛藤しながらも、このようにしたらいいと思うという提案をして下さっています。



興味のある方は、牧師館の本棚にありますので、
是非読んでみて下さいね。





☆今日の聖書のみことば☆
そして、これらすべての上に愛を着けなさい。
愛は結びの帯として完全なものです。コロサイ3:14
And over all these virtues put on love,
which binds them all together in perfect unity. Colossians 3:14



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①4/15(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、3/30(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2018-04-11 14:52 | Book(本) | Comments(0)

本:礼拝のこころえ

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


ここ最近、体が重く、足がしびれたりするし、
気持ちも悶々としていることが多いせいもあって、
結構家で引きこもっていました。
そして、そのおかげで大好きな読書をたくさんすることができました165.png




今日は、こちらの本をご紹介。
f0234165_12422062.jpg

礼拝のこころえ

野田秀/いのちのことば社

undefined


著者の野田先生は、1932年生まれ。
そして、本は1990年発行。
今から28年も前の本。
そのせいもあってか、読みながら、だいぶ昭和感があるな~と感じました。
平成の今、ちょっとこれは合わないかも・・・と思うこともありましたが、
教えられたこともたくさんありました。


一番教えられたのは、
礼拝のプログラム一つ一つに意味があり、
その何一つも省いたり、ないがしろにするべきではないということ。



毎週行われる礼拝に毎週出席している私たちにありがちな問題点。
それは、「慣れ」「不用意」だと指摘されています。



1.慣れ
私たちは、すぐ恵みに慣れてしまいます。
「慣れ」とは、親しみのあまり、守るべき礼儀をつい忘れた態度をとること。
慣れてしまい、神様の御前に出るという行為に、
礼儀を欠いていないだろうか・・・と思わされました。
遅刻したり、途中退席したりするのは、神様への礼儀を欠いた態度。
他ごとを考えたり、居眠りをしたりするのも同じこと。
自分の態度を反省し、
言い訳をすることなく、恵みに慣れないようにと教えられ、
自分のノートに書き留めました。




2.不用意
牧師や教師は、準備なしに語ることはできません。
20分語るのに、少なくてもその5倍の時間を費やし、準備しています。
そして、祈りを持って臨み、説教します。

では、聴衆である私たちはどうでしょうか。
そのみことばを聞くための備えをしているでしょうか?


私達が出来る用意は何でしょうか。
1.祈り(砕かれた思いでみことばを聴けるように)
2.前回の説教を復習(食生活と同じで、その積み重ねが信仰を作る)


この本を通して、
高慢にならず、
慣れることをせず、
礼儀を忘れず、
備えられたクリスチャンとして、
礼拝に臨むこころえを教えていただきました。

興味のある方は、牧師宅にありますので、借りて読んでみてくださいね104.png


* * * * *


3/22は、21回目の結婚記念日でした179.png
忘れていた私に、「何が食べたい?」と聞いてくれたので、
Fish and chipsをリクエスト。
f0234165_12373241.jpg
そしたら、気前のいい旦那さんは、チキンまで買ってきてくれました111.png
ありがたや~。






☆今日の聖書のみことば☆
神は喜んで与える人を愛してくださいます。Ⅱコリント9:7
God loves a cheerful giver. 2 Corinthians 9:7



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①3/18(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、3/30(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2018-03-23 12:45 | Book(本) | Comments(0)

本:イエスに出会った僧侶

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


今日は、牧師宅に置いてある教会図書のこと。
平日は牧師宅で集まることが多いので、
本が借りやすいようにと、一か所の本棚は全部教会図書にしてあります。
良かったら、借りて読んでみて下さいね。


私はこの間、この本を読みました。

当たり前にそこを継ぐ者として育てられました。

大学、大学院、留学・・・と、すべて仏教を専攻し、
まさに仏門を極めた方だと言ってよいでしょう。


その先生が、
「仏教には本当の救いはない」
と結論付けた・・・というのが、とても興味深いところ。


そして、留学先の韓国でキリスト教と出会い、
奥さんも韓国人で、
そして、キリスト教の牧師として献身するというお話し。


もちろん、献身するのは容易なことではなかったようです。

しかし、先生の前に、実はおじさんがクリスチャンになっていました。
そのおじさんもクリスチャンになると表明した時、家族中から
「よりによって、大僧正の息子ともあろう者がクリスチャンになるなんて!」
と非難されたそうです。


中学の時にクリスチャンになったおじさんは、
家族の救いのために祈り続けていました。
その祈りが甥っ子、つまり本の著者である松岡先生に臨みました。


救われたのは、このおじさんの長年の祈りがあった事、
そして献身するにあたって、このおじさんがどれほど力になったか、
そんなことを感じながら、
人の歩みや出会いには、必ず神様の備えがあるんだな~とひしひしと感じられました。



そして、本の後半部分では、仏教のことが詳しく書かれています。
私自身、仏教の事をそこまで詳しく知らなかったので、
とても勉強になりました。
また、クリスチャンとして、日本に根付いた仏教行事に
どのようにかかわっていったらよいかという指針もいただきました。


興味のある方、是非借りて読んでみてくださいね。










☆今日の聖書のみことば☆
主に愛されている者、彼は安らかに、
主のそばに住まい、主はいつまでも彼をかばう。
申命記33:12
Let the beloved of the LORD rest secure in him,
for he shields him all day long.
Deuteronomy 33:12



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①2/18(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、2/23(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2018-02-14 10:07 | Book(本) | Comments(0)

本:賛美のこころ Heart of Worship 主のみ顔を仰ぎつつ

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

この間、子どものお話しの時間、
家にあるブラシを色々見せながらお話ししました。
歯ブラシ、ボトルブラシ、掃除用ブラシ、ヘアブラシ。


いつも子供の興味をひくようなグッズを持って行って
お話しするように心がけているのですが、
この日は主婦の興味を引いたようで、
二人の人が話しかけてきてくれました。

ひとりは、赤ちゃんがいるお家のママなんですが、
「うちはボトルブラシなくって。歯ブラシ使ってます。」
と言われ、びっくり!
ほ乳瓶にはボトルブラシ必需品だと思っていましたw


そしてもうひとりは、「あぁいう掃除用ブラシ使ってるのね。
だからおうちが綺麗なのね。」とほめてくれました。

ありがとうございました。
栄光は主にお返しし、
これからも謙遜に祈りながらお話しさせていただきたいと思っています。


* * * * *

さて、今日はホリデー中に読んだ本のご紹介。


賛美のこころ―主のみ顔を仰ぎつつ

工藤 篤子/イーグレープ

undefined


ちょうど賛美礼拝をおこなった事もあって、賛美の本をチョイス。


この方、一言でいうとすごいです☆
291ページもの本で、どのように救われたか、
どのような働きをしているか、
その時どのようなことを教えられたのか、
そのようなことがつづられています。
淡々と書かれていますが、とっても激動の人生。
まるでモーセかパウロのようだと思いましたw
f0234165_06285766.jpg

満たされない思いを持ち、自分の存在に気付いてくれる人を求め、
万引きを繰り返す少女時代。

大学声楽課程終了後、スペインに渡り、
そこでクリスチャンにされ、
開拓伝道を手伝ってくれないかとの誘いを受け、
ドイツに移住。

ビザ、お金など海外生活である大きな問題をかかえつつ、
それでも養ってくださる神様だけを信じ、
ドイツ人の救いのために働いた伝道師時代。

その後、日本人の救いに目が開かれ、
日本とドイツを行ったり来たりしながら、
賛美集会を開き、多くの救われる人がおこされる。


簡潔に言うとこんな感じですが、
その時々の事が詳しく書かれています。
そのつど与えられた聖書のことば。
支えてくださった周りの人々。
具体的に味わった神様の奇跡。
そういう出来事を読まさせていただき、
私も間接的ではありますが感動を覚え、
神様って素晴らしいな、とほめたたえることが出来ました。


こちらが、工藤篤子さんの動画。


「よき力に守られて」D.ボンヘッファー

1.よき力に われ囲まれ
守り 慰められて
世の悩み 共に分かち
新しい日を望もう

※よき力に守られつつ
来たるべき時を待とう
夜も朝もいつも神は
われらと共にいます

2.過ぎた日々の悩み重く
なおのしかかる時も
騒ぎ立つ心しずめ
み旨に従いゆく


3.たとい主から差し出される
杯は苦くとも
恐れず感謝を込めて
愛する手から受けよう


4.輝かせよ 主のともしび
われらの闇の中に
望みを主の手にゆだね
来たるべき朝を待とう


歌詞が感動的☆

そして検索していたら、
同じ曲を歌う、おそらくドイツ人の優しそうな男性の動画も出てきたので、
一緒にupしました。
いやされますwww





牧師宅にあります。

是非借りてお読みください。






☆今日の聖書のみことば☆
人が神を愛するなら、その人は神に知られているのです。 Ⅰコリント 8:3
The man who loves God is known by God. 1 Corinthians 8:3




☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①11/19(日)礼拝後、一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。
どなたでも参加できます。


②11/24(金)7pmから牧師宅で祈祷会があります。

Norwood Christmas Pageantに今年も参加します。
11/25(土)10amパレード開始です。
浴衣など、日本ぽい服や小物があれば、それを身に着けて参加してください。
参加される方は、9:40amまでにWood St とThe Paradeの交差点近くの
Japanプラカードのところまで集合してください。
込みますので、時間には余裕をもってお越しください。



☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2017-11-03 09:19 | Book(本) | Comments(0)

本:おかんとボクの信仰継承

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

前回の投稿でジグソーパズルを載せましたが、
出来上がりの写真、2ピース足りないの、見えましたか?



もらいもののパズルだったので、どこかに紛失したようです。
完成させてから、「ありがとうね~」と言ってさようならしましたw


そして、最近の写真。
f0234165_20434015.jpg
お買い物に行ったとき、通りかかったおうちに真っ赤なボトルブラシの木が。
白い塀とのコントラストがとても綺麗でした。
ちゃんと時期になると花を咲かせる木々ってすごいな~といつも思います。
どういう体内時計もってるんだろ・・・?


* * * * *

さて、今日は本の新刊のご案内。
この間、日本から遊びに来てくれた友達が持ってきてくれました。


この著者の大嶋重徳さんは、KGK(キリスト者学生会)という
大学生伝道団体の主事をされている方です。
京都府生まれだそうで、
この本も至る所に関西弁(京都弁?)が出てきます。
f0234165_21041729.jpg

タイトルからも分かるように、
クリスチャンであるお母さんのところに生まれた著者。
その信仰継承が日常生活でどんな風に行なわれていったのかを、
読みやすく、面白おかしく書かれています。
ギャグみたいなおかんと、
クリスチャンじゃないおとんとのやりとりは笑ってしまいますが、
「葬式は、お前に任すわ」というタイトルの項目の文章には泣いてしまいました。


仏教の親族ばかりの中で唯一おじさんだけが、
「親族の中で教科書に載る可能性があんの、しげちゃんぐらいやで。
しげちゃんは、ザビエルになるんやからな」と言って、
励ましてくれたそうです。

そのおじさんが病気となりました。
その病室でこのおじさんが
「知らん坊さんよりも、(葬式は)しげちゃんの方がええなぁ」と言ってくれたそうです。


結局、お亡くなりになり、仏式でお葬儀されたそうですが、
その後、そのおじさんの気持ちを知ったおばさんと長男が
「お祈りしてくれる?」と声をかけてくれ、
親族だけで、聖書を読んで送る式を行ったそうです。


聖書を見ると、クリスチャンは地の塩、世の光だということが書かれています。
何かが劇的に変わることはないように見えても、
神様を中心とした生活をしているならば、
親族はそれを敏感に察知して、
考えていないようで考えてくれ、
影響力を与えることが出来るんだなぁと思いました。


「私が救わなければ」という思いではなく、
「主よ。救いはあなたのものです。あなたにお任せします」と
あきらめることなく祈ることが大切なんだなぁと教えられました。



興味のある方は、是非お借りください。

牧師宅にあります。




☆今日の聖書のみことば☆
そして、これらすべての上に愛を着けなさい。
愛は結びの帯として完全なものです。 コロサイ3:14
And over all these virtues put on love,
which binds them all together in perfect unity.
Colossians 3:14



☆今後の予定☆
①10/15(日)礼拝後、一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。
どなたでも参加できます。


②10/24(金)7pmから牧師宅で祈祷会があります。

③ホリデー中のBible study等諸集会はお休みになります。



☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
by jcfa | 2017-10-26 21:07 | Book(本) | Comments(0)

本:三浦綾子さんのことばと聖書「100の祈り」

こんにちは。
アデレード日本人教会(JCFA)です。
最近雨ばかり降っていますが、これから晴れ間が続く天気予報で楽しみです。


   * * * * *


この間、本のご紹介をしました。
http://jcfa.exblog.jp/27831279/



そのとき紹介した絵本

ラヴ・ユー・フォーエバー

ロバート マンチ / 岩崎書店


この間、教会の礼拝の子どもの時間の時、
子どもたちに読んであげました。
確か、6月の父の日の時だったと思います。
子どもたち、しっかり聞いてくれましたよ~。



今日は、今わたしが読んでいる本のご紹介。

三浦綾子さんのことばと聖書100の祈り (Forest books)

込堂 一博 / いのちのことば社



タイトルのとおり、100項目に分かれていて、
1項目は2ページ。


そこに、三浦綾子さんの数々の小説の引用と、
著者の考察、
そして、最後に関連する聖書のみことばが書かれていて、
とても読みやすい構成となっています。


今、86まで読みました。
ちなみに86番目は「学歴が問題ではない」という見出し。
そこに書いてあった言葉に感銘を受けました。

学歴とは棺桶に入るまで学び続ける学習歴だ。



学歴はそこまで重要視しないし、それで尊敬したり軽蔑したりはしてこなかったつもりですが、
学歴が学習歴だという考えはしたことありませんでした。


これを読んで、英語の勉強ももちろん、
聖書の勉強も生涯学び続けるものなんだという認識が出来ました。


その他にも、原発反対に対する文章、
反戦平和への思いなんかも書かれていて、
聖書にある「平和をつくる者は幸いです」という言葉の意味を
考えさせられました。
三浦綾子さんは、文章によって平和をつくった人だったと思わされました。




牧師宅においてあります。
興味のある方はどうぞお読みください。




☆今日の聖書のみことば☆
こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。 Ⅰコリント13:13
And now these three remain; faith, hope and love. 1 Corinthians 13:13


☆今後の予定☆
①7/16(日)3pmからの礼拝は場所を使うことができなくなったため、
急きょ韓国教会を借りて礼拝をする事になりました。
場所は、Korean Uniting Church: 40 Third Ave, St Morris SA 5068です。
また、この日は一品持ち寄り愛さん会も持ちますので、食べ物を持ち寄って下さい。
色々変更がありますが、お間違えのないようによろしくお願いします。

②7/8(土)-22(土)まで2週間のHolidayとなります。
その間のBible study等はお休みとなります。
日曜日の礼拝は通常通り行われます。よろしくお願いします。

③7/28(金)7pmから牧師宅で祈祷会があります。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。
[PR]
by jcfa | 2017-07-21 12:00 | Book(本) | Comments(0)

日本から持ち帰った本のご紹介。

こんにちは。
アデレード日本人教会(JCFA)です。
昨日は雨が降って、また一段と寒くなってきました。


   * * * * *


本日は、教会用にと日本から持ち帰って来た本のご紹介。


1冊目はこちら。

花の詩画集 種蒔きもせず

星野 富弘 / 偕成社



クリスチャンではない人でも結構知っている人がいます、
星野富弘さんの詩画集。


この絵を口で書いているなんて、本当にすごいです。
私なんて手でもこんな風に描けません。
著者は本でこう語っています。

一枚の作品を描くのも、
今まで自分のいのちを注ぎ込んで生み出していると思っていたが、
それは錯覚だったようだ。
むしろ描いているものから、筆を通して、
喜びや優しさ静けさ強さなど、
生きていく力を私が与えられていたのである。


この本を通して星野さんが感じた生きていく力を感じて欲しいなと思います。



次にこちら。

ラヴ・ユー・フォーエバー

ロバート マンチ / 岩崎書店



こちらは洋書の絵本。
親子の愛情のきずなを静かに語ったアメリカの超ベストセラー絵本です。
親から子へ、子からそのまた子へ。
伝えていくものは愛なのだなということを教えられました。


牧師宅においてあります。
興味のある方はどうぞ。



☆今日の聖書のみことば☆
神は喜んで与える人を愛してくださいます。
(Ⅱコリント9:7)
God loves a cheerful giver. (2 Corinthians 9:7)


☆今後の予定☆
①6/18(日)3pmからの礼拝後、一品ずつ持ち寄って
夕食をみんなで頂く予定です。
参加される方は、シェアできる食べ物を一品持って教会に来て下さい。

②6/3(土)Sports dayを開きます。
Bonython Park Kioskに10amに集合してください。参加無料。
お昼はありませんので、各自水や軽食を持参してください。
参加したい方はチーム分け等ございますので、
ご連絡お願いします。

③6/12(月/祝)10am~韓国長老教会で行われるバザーに参加します。
日本の食べ物を作って売る予定ですので、時間をあけて、お手伝いくださると感謝です。
お願い)たこ焼き用のペットボトルを集めています。
ご協力おねがいします。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。
[PR]
by jcfa | 2017-05-23 12:00 | Book(本) | Comments(0)

本:ゴンダールのやさしい光

この間、礼拝時のこどものお話しで、この絵本を読みました。


ゴンダールのやさしい光

みなみ ななみ / 自由国民社




これは「日本国際気が対策機構」というキリスト教団体が出版した絵本です。
これを読むと、子どもたちにも他の国の事を知ってもらう事ができます。



飢餓という重いテーマを扱った絵本ですが、
先進国に住み、食べ物を捨てて生きている私たちは、
食べ物がなくて苦しんでいる国の事を知るべきだと思います。



まず知らないと何も変わらないからです。


この物語は実話です。
「助けてあげよう」という思いで行った青年が、
むしろその国の人に教えられ、感動し、
「助けてあげる」ことより、「分かち合う」ことの大切さを知った・・・そういう話です。


そして、この本の裏表紙にはこんなメッセージがありました。


Love one another, Serve one another
互いに愛し合いなさい。また、愛によって互いに仕えなさい




良い言葉はあふれていますが、
それを本当に実行するのは容易ではありません。



でも、まず「知ってみること」から始めてみませんか?



そんな事を大人も子供も考える事が出来る、とてもいい絵本です。



おすすめ☆




072.gif今日の聖書のみことば072.gif
あなたも行って同じようにしなさい。ルカ10:37
“Go and do likewise.” Luke10:37



072.gif今後の予定072.gif
月曜日7am~の男会、木曜日10:30~のBible study始まりました。
男会は時間が6am→7amと変更されました。
また、Bible studyは10:30~Tea Time / 10:45~Study開始とします。
どなたでも参加できます。
興味のある方はお問い合わせください。

②2/21(日)礼拝後、一品持ち寄り愛さん会を予定しています。
礼拝に来られる時、食べ物・スイーツ・飲み物など一品持ってお越しください。
それらを分け合って、楽しい夕食の時をみんなで持ちましょう。

③2/26(金)7pm~月一祈祷会が牧師宅で持たれます。
普段祈れない課題をともに祈りましょう。終了後、Tea Timeがあります。






056.gifみなさんのお越しをお待ちしています056.gif

   ↓  ↓  ↓

245Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。




072.gifBible writing challenge~聖書を1か月書いてみよう。



053.gif2月
f0234165_16215169.jpg

Week1*①マルコ12:28-31②ルカ6:27-36③ローマ12:9-16④ローマ13:8-10
⑤1コリント13:1-7⑥1コリント13:8-13⑦エペソ4:1-6
Week2*⑧1ペテロ4:7-11⑨1ヨハネ4:7-12⑩1ヨハネ4:13-16
⑪1ヨハネ4:17-21⑫ヨハネ15:9-13⑬ヨハネ3:16-21⑭申命記10:12-19
Week3*⑮申命記11:13-15⑯申命記11:18-23⑰マタイ22:37-40
⑱マタイ5:43-45⑲ヨハネ13:34-35⑳ヨハネ14:15-21㉑ローマ5:1-8
Week4*㉒ローマ8:28-30㉓ミカ6:8㉔1ヨハネ2:15-17㉕1ヨハネ3:1-3
㉖ヘブル10:24-25㉗申命記6:4-9㉘ルカ10:25-28㉙好きな箇所。







↓Click!してくれる?!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村

[PR]
by jcfa | 2016-02-12 18:03 | Book(本) | Comments(0)

本:新版 祈りから生まれるもの

本一冊読み終わりました。


結構時間をかけて、だらだらと読んでしまったので、
最初の方のお話しがなんだかモヤっていますが(笑)



読んだのはこちら。

新版 祈りから生まれるもの

佐藤彰 / いのちのことば社





著者は、キリスト教会では有名な佐藤彰先生。
2011年に起きた東北大震災の時、
原発、津波によって教会閉鎖となってしまい、
教会員の方も全国各地に散らされてしまった、そんな教会の牧師先生です。



この本は地震の前に書かれ、出版されたものですが、
地震の後に新版として2011年に発行されました。



地震で何度も絶望の淵を歩かされ、
でもその中でも希望の光を見出し、
何度も何度も涙を流した先生だから、
きっとこの本の新版出版は何か感慨深いものだったんじゃないかと思わされます。


055.gif目次

祈りは人生を変える

祈りは歴史を変える

祈りはスケジュールを変える

祈りは世界を救う

祈りのついての質問と答え





私たちはなぜ祈るのでしょうか。
その事についてこう書かれていました。



祈りの目的は、物事をうまく運ばせるものでしょうか。
それでは御利益信仰と変わりません。

祈る目的は、祈ることによって神の御心を知り、
その御心に従うように自分が変えられていく事です。




そして、こんなおすすめも。

一日が始まる前に、
「主よ。あなたの今日一日のみこころは何ですか。」と祈ろう。
そして、神のみこころの真ん中を歩こう。




実際にこの先生の説教を聞いたことがあるのですが、
すごく歩き回られながら、
速い魅力的なトークで、証し中心にみ言葉を語るスタイルの先生だったことを
記憶しています。



本もそんな感じで、
実際の例話がたくさんあって、とっても読みやすいし、
実際に起こった祈りの力を実話で語られているので、
それだけ引き込まれます。



牧師宅にあるので、興味のある方は借りていってくださいね。









072.gif今日の聖書のみことば072.gif
人はパンだけで生きるのではなく、
神の口から出る一つ一つのことばによる。マタイ4:4
Man does not live on bread alone, but on every word that comes
from the mouth of God. Matthew 4:4



072.gif今後の予定072.gif
月一祈祷会ですが、12・1月はありません。

②ホリデー中の男会、Bible studyはお休みです。

③1/17(日)礼拝後、一品持ち寄り愛さん会を予定しています。
礼拝に来られる時、食べ物・スイーツ・飲み物など一品持ってお越しください。
それらを分け合って、楽しい夕食の時をみんなで持ちましょう。






056.gifみなさんのお越しをお待ちしています056.gif

   ↓  ↓  ↓

245Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。








↓Click!してくれる?!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
[PR]
by jcfa | 2016-01-16 18:04 | Book(本) | Comments(0)

本:仮面をぬいで

この間、日本からたくさんの本が届けられました。



私が注文したものでも送ったものでもなく、
日本で通っていた教会の方が送ってくれたもの。



家にある本もあれば、新たに買ってくれた本もあるようでした。
しかも、これは普通の本ではなく、
信仰書・・・と呼ばれる、キリスト教関連の本ばかり。



海外では手に入らない本ばかりで、大感動をもって受け取りました。



今少しずつ読んでいます。



一番最初に読んだのはこれ。


仮面を脱いで 恵みの信仰を生きる





日本でパペットを用いて神様の事を伝えようとされた方のエッセイ集のような本です。
今も神の子ミニストリーズという名で活動されているようです。
(↑Click)



自分の好きなことを神様のために・・・
そう思って始められたミニストリーですが、
葛藤もたくさんあったようで、
アメリカにわたり、カウンセリングを経て自分の弱さを知り、
それを神様の前にゆだね、ここまで来られたという事が色々と書かれていました。



こんな生き方を模索していた日本人もいたんだなぁって思いました。



牧師宅においてありますので、よかったらお読みくださいね。



基本、牧師宅にある本は常時貸出しています。
たくさん読んで、自分の成長に役立てましょう。










072.gif今日の聖書のみことば072.gif
しかし、私は、感謝の声をあげて、あなたにいけにえをささげ、
わたしの誓いを果たしましょう。
救いは主のものです。ヨナ2:9
But I, with a song of thanksgiving, will sacrifice to you. What I have vowed
I will make good. Salvation comes from the LORD." Jonah2:9



072.gif今後の予定072.gif
①11/15(日)は礼拝の場所がいつもの所とは変わり、
「正面玄関横のCafe」となります。
また礼拝後は一品持ち寄り愛さん会(夕食会)も予定されています。
参加されたい人は、礼拝におかずを一品持ち寄ってお越しくださいね。
色々なおかずを美味しくいただけるチャンスです。参加無料。

月一祈祷会があります。
日にち:11/27(金)7pm~牧師宅にて。

③11/28(土)10am~Norwood Christmas Pageantに参加します。
日本のプレートを先頭に、日本代表として
クリスマスパレードに参加します。
一緒にパレードに参加したい方は、9:45amまでに、
Woods StとThe Paradeの交差点付近の「Japan」のプラカードのところに集合してください。
もしあれば、浴衣など日本っぽい服を着てお越しくださると嬉しいです。










056.gifみなさんのお越しをお待ちしています056.gif

   ↓  ↓  ↓

245Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124
礼拝は毎週日曜日午後3時から。








↓Click!してくれる?!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
[PR]
by jcfa | 2015-11-21 14:49 | Book(本) | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る