7/11(日)の礼拝

更新が滞りましたが…気を取り直して(笑)




7/11(日)から4回にわたって、「言葉の力」という題で
聖書からお話を聞くことになりました。

言葉・・・
何気ない一言で、相手を傷つけてしまったり、自分が傷ついたり。
または、「こうなったらいいな・・・」と、何気なくつぶやいた一言が
後でその通りになった事に気づく・・・
そんなこと、ありますよね。

7/11(日)は一回目。

言葉は考えの表われです。だから、言葉は行ないとなり、行ないは習慣となり、
習慣は人格となり、人格は人生を左右していくのです。

神様もこの素晴らしい世界を言葉だけでおつくりになりました。

そして、神様のかたちとして造られた人間だけに言葉が与えられました。

でも、バベルの塔の事件より、神様は人間の言葉をバラバラにされました…

でも、ペンテコステ(聖霊降臨)の時、言葉が一つにされる恵みを味わいました。





海外へ行くと思うのですが、
ただ単に言葉が通じるとか通じないとか、そういうのを超えて、
教会に行って、同じクリスチャンに会うと、
たとえ言葉が通じなくても、なんか通じる・・・という経験をします。
とっても不思議です。
きっと神様が一つにされる祝福を下さってるんだと思います。

いつも、肯定的な言葉を発し、感謝の言葉を発する一日一日をおくりたいなと
思わされました。。。
[PR]
# by jcfa | 2010-07-12 21:47 | Service(礼拝) | Comments(0)

4日の礼拝

こんばんは、7月に入ってアデレードはますます寒くなってまいりました。

体調管理等お気を付け下さい。

7月の始めに、アデレードの地で多くの人と共に礼拝を持てたことを感謝します。

今日は聖餐式でした。主イエス・キリストが私たちのために十字架にかかって、
血を流して下さったことを覚え、心静かに行われました。感謝です。

今日のメッセージのタイトルはそんな聖餐式に因んだ内容です。

タイトルは「二つの言葉」

今日の聖書の箇所を一つ。

新約聖書 ルカによる福音書 22章14~20節

さて時間になって、イエスは食卓に着かれ、使徒たちもイエスと一緒に席に着いた。
イエスは言われた。「わたしは、苦しみを受ける前に、あながたといっしょに、この過越しの
食事をすることをどんなに望んでいたことか。あなたがたに言いますが、過越しが神の国において
成就するまでは、わたしはもはや二度と過越しの食事をすることはありません。」そしてイエスは、杯を取り、感謝をささげて後、言われた。「これを取って、互いに分けて飲みなさい。あなた方に
言いますが、今から、神の国が来る時までは、私はもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことは
ありません。」それから、パンを取り、感謝をささげてから、裂いて、弟子たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与える、私のからだです。私を覚えてこれをおこないなさい。」
食事の後、杯をも同じようにして言われた。「この杯は、あなた方のために流されるわたしの血に
よる新しい契約です。」

聖餐式とは、
1.私たちにもう一度悔い改めを促す召し。
2.私たちに与えられている聖霊の臨在を経験させるために行われるもの。
3.人生の意味を見出させるもの

この聖餐式を通して与えられる3つの赦しについて今日はお話を聞きました。

1つは神様が下さる赦しの恵み(神様への愛)
1つは自分自身を赦すこと(自分への愛)
そしてもう1つは関係のあるすべての人との赦し(隣人への愛)

ここで大切なことは、神様がどれほど私たちを愛し、永遠の命を与え、罪を赦して下さったのかを
覚えて、聖餐を行うということです。

よく聖書の勉強をしていると、愛が答えとなって出てくることが多いのですが、それは当たり前の
ことのように思われます。なぜならイエス・キリストは私たちを愛しているがために十字架に
かかってくださったからです。私たちが覚えておかなければならないことはキリストが与えて
くださった愛。

聖餐式ではその愛を覚えて、もう一度イエス・キリストが私たちのために、私たちと共にいて
くださる、今も生きておられるということを心にとめておかなければならないのですね。

各地の教会で行われている聖餐式を覚えて、お祈り申し上げます。

★Mike★
[PR]
# by jcfa | 2010-07-04 20:33 | Service(礼拝) | Comments(0)

明日の お知らせ

明日7/4(日)の礼拝ですが…

pm2:00~スタートします。(いつもより1時間早いです。)

お間違えのないように。




そして聖餐式もとり行われます。
クリスチャンの方は、心を整えて聖餐にあずかりましょう。





ps。Dちゃんのバースデーケーキです
(オーストラリアでは、21歳は日本の20歳に相当する節目の誕生日です)。
f0234165_12314983.jpg
えみきちちゃんが作って、もってきてくれました。
そしてJCFAのみんなでお祝いすることができました。
5月末のことですが、ケーキだけでも記念にupしておきます^^
[PR]
# by jcfa | 2010-07-03 12:32 | Service(礼拝) | Comments(2)

青年会 in Adelaide Butcher

昨晩のことですが、教会の青年たちでAdelaide Butcherという韓国の焼肉屋さんに行ってまいりました。

最初は何が出てくるのかなーと、皆で待っていたところ、、

ここのお店で働いているお友達が持ってきてくれたのがこちら、

ドーン
f0234165_11361563.jpg


スミマセン、豚バラ肉本当はもっとてんこ盛りだったんです。

しかも三皿・・。幸いがっつり食べる人たちがいたので、きれいさっぱりなくなりました。

続いてタン、プルコギと、こちらもおいしく頂きました。

さあおなかも膨れたしそろそろお開きかと思っていたら・・・
なんとなんと、えみきちさんが奥からケーキを持って出てくるではありませんか!

実は来週に誕生日を迎える人たちがいるのでわざわざ作ってきてくださったとか!
もー、感動(ノД`);:*;:°。(因みに今この記事書いてる私がそのうちの一人なんだが、)

いやはや、チョコレートムースにあっぱれ・・えみきちさんにあっぱれ。
御馳走様でした。とても嬉しいサプライズでした(人´ω`)*

かわいいケーキの写真をUPしようと思ったら、全部に顔が映ってたのであえなく断念・・・。
スミマセン・・・。

ですが!お腹いっぱい、幸せいっぱいの青年の集まりでした。

もう一度ケーキを作ってきてくださったえみきちさんに感謝!
ありがとうございました!!

★Mike★
[PR]
# by jcfa | 2010-07-03 12:02 | Youth(青年会) | Comments(1)

27日の礼拝

こんばんは、今晩メッセージの内容を書かせていただきますMikeです。

日本は夏ですね、アデレードは日に日に寒くなってます。風邪・夏風邪などにお気をつけ下さい。

さて、今日のメッセージのタイトルは「世界は私に、私も世界に」

メッセージの内容に入る前に聖書の箇所を一つだけ、

新約聖書 ガラテヤ人への手紙 6章14節
しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものが決してあってはなりません。この十字架によって、世界は私に対して十字架につけられ、私も世界に対して十字架につけられたのです。

新約聖書の中には、私たちキリスト信仰者にとって、信仰生活の中で尊敬すべき、誇るべき偉人が多くいます。

イエス・キリストを始めとした弟子たち、福音を書き残したマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ。

イエス・キリストが私たちのために十字架にかかって下さった後、イエス・キリストにかかわった弟子たち、イエス・キリストを深く信仰した人々は殺されてしまいます。

そのような状況下でマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネは、イエス・キリストは神の御子であったと、その御子の復活は本当であったと、そして彼はまた世に来て、再び世をさばかれると、そう述べ伝えています。

ここで牧師先生からの話を一つ、今世界ではWorld Cupが注目されいてます。皆様ご自分の国やなじみのある国を応援していらっしゃるかと思います。自分の国が試合に勝つ、こんなに嬉しいことはありません。2002年、韓国がWorld Cupでベスト4に入った時、先生の御友人は感動して、涙を流して喜ばれたそうです。また、他の人に自慢げにお話もされたようです。

感動して、嬉しくて誰かに伝えたくてしょうがない!という経験、皆様にもあるのでは?

これと同じことが聖書を通して言えるのではないでしょうか。

イエス・キリストが私たち、私たちの罪のために十字架にかかって死んでくださった。それは私たちを愛してくださっていたから。その罪をすべて背負って死んでくださった。

これこそ私たちキリスト信仰者が誇り、嬉しくて、他の人に伝えるべきことなのではないでしょうか。マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネが福音を残したように。

今回のメッセージを聞き、自分がクリスチャンとしてすべきことが改めてはっきりしました。
まだ神様の愛を知らない人たち、知ろうと待ち望んでいる人たちへの伝道。

伝えたくてしょうがない!もっと神様、イエス様のことをいろんな人にお話したい!
こんな気持ちで伝道が出来たら素晴らしいですね。

神様が創造された世界が私たちを救ってくださったように、私も世界に、まだ助けを求めている人々に、救いの手を差し伸べてあげる、救いのお手伝いを未熟ながらもさせていただく、そんなクリスチャンを目指しています。

神様の豊かなお恵みが皆様の上にもあることをお祈りいたします。

★Mike★
[PR]
# by jcfa | 2010-06-27 22:05 | Service(礼拝) | Comments(0)

Successful韓国バザー♪

みなさん、こんにちは♪
アデレードも本格的な冬を迎えてきた今日このごろ・・・

ワタクシ達JCFA、6月14日(月)に開かれた韓国バザーで出店しました。
その結果、な・・・なんと!完売しましたーーー!!パチパチー058.gif
たこ焼き、マカロン、フィナンシェ、クッキー・・・その他スウィーツ、全て売ることが出来、感謝感謝です。

たこ焼きはさすがに有名なだけあって、お昼時にたくさんに人々が買ってくれました056.gif
そしてそして、一番びっくりしたのはマカロンの人気さ!スィーツの中で最初に売切れて、そのあとも「マカロンはもうないのー?」という声が多かったです。
下の写真が出店時の風景です↓
f0234165_21574739.jpg


私も調子に乗って2種類あったうちの両方を買って食べましたが、絶品ですね。
我がJCFAのえみきちさん(今回すべてのスィーツを作ってくださった方)曰く、「来年もマカロンだねー。」だそうですので、お見逃しなく006.gif

そして!もちろん”韓国”バザーでしたので、他にも韓国料理のお店がいっぱいありました~♪キムチにプルコギ、ホット(甘い、平べったいパンケーキのようなもの)・・・。どれもリーズナブルなお値段でお腹いっぱいになりました012.gif

こうして無事に韓国バザー終了。
準備をしてくださったJCFAの皆様、せっせとスウィーツを作ってくださったえみきちさん、笑顔と共に買ってくれたお客さん・・・感謝感謝の雨あられです。
皆さんに神様の豊かな豊かな祝福がありますように。

では、神様の喜びあふれたよい週末を!!

written by BOSS K.D
[PR]
# by jcfa | 2010-06-24 21:58 | Comments(2)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る