人気ブログランキング |

新型コロナウイルスのために私たちも祈っています。

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

この間、教会のメールにお問い合わせくださった方がおられました。
私のほうに通知がきておらず、
気が付いたのが1週間後・・・。
本当にすみませんでした。
すぐ返信させていただきましたが、
迷惑メールに入っている可能性もありますので、
もしかして届いていないなぁと思われている方がおられましたら、
迷惑メールのほうもチェックよろしくお願いします。
今後遅れないように、通知に頼らずきちんとチェックしようと思います。

* * * * *


そして、今日ニュースを見たら
オーストラリアでもコロナによる初の死者が出たということでした。
そして、人から人への感染も国内で発見されたとか。


私たちの教会でも、祈祷会や礼拝で祈っています。
これ以上拡散しないように。
死者がでないように。
感染への不安がやわらぐように。

新型コロナウイルスのために私たちも祈っています。_f0234165_21073629.png

当たり前の日常は決して当たり前ではないことを痛感しています。
そして、この目に見えないウィルスの決着は、やはり最終的には神様に祈るしか
ないということも痛感しています。


みなさん、どうかお気を付けてお過ごしください。





* * * * *
blogの更新のお知らせを受け取れます。
下のバナーをクリック!
更新を通知する


☆今日の聖書のみことば☆
何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての
考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって
守ってくれます。(ピリピ4:6-7)
6 Do not be anxious about anything, but in every situation,
by prayer and petition, with thanksgiving, present your requests to God.
7 And the peace of God, which transcends all understanding,
will guard your hearts and your minds in Christ Jesus.
(Philippians 4:6-7)


☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)
次回の月一祈祷会は、2020年2月28日(金)7pmから牧師宅です。

次回の愛さん会(一人一品持ち寄りの夕食会)は、2020年2月16日(日)礼拝後です。
参加される方は、夕食でシェアできる食べ物をもって
教会にお越しください。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:Life Centre: 245 Angas Street, Adelaide
(駐車場側入り口から入ってすぐの部屋で集まっています)
Tel: 0423 871 124(牧師携帯)
礼拝は毎週日曜日午後3時から。

# by jcfa | 2020-03-03 10:00 | Prayer(祈り) | Comments(0)

SOP の賛美:栄光がここに

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *
 
新型コロナウイルスが日本でも猛威をふるっています。
そんな中、長女が日本へ・・・
大丈夫かな?と心配ですが、
心配したところでどうしようもないし、
私がそばで守ることもできないし、
そばにいたからといってウイルス相手じゃ守ってあげられない。
やはり、神様に守っていただくしかないと思っています。

* * * * *


今日は、日曜日に子供たちがしてくれた賛美のYoutubeのご紹介。



「栄光がここに」という元気な曲。

毎週毎週こどもたちと踊りながら賛美していますが、
1曲終わると、ぜーぜーはーはー・・・息があがりますw


この動画を作っているのは、Stream of Praise という名前の
音楽ミニストリーのグループです。
1994年にカリフォルニアで始まったそうで、
オリジナル賛美の曲を出版もしているそうです。

私たちはyoutubeで見せてもらって、
この音楽と賛美と踊りのおかげで、
アデレードで楽しく賛美をさせてもらっています。

日本の教会学校でもこれを使って賛美をささげる子供たちが
増えるといいなぁと願っています。


CDやDVDの購入などもできるようですよ。
http://sopjp.thebase.in/


来月は何の曲をしようかな・・・



* * * * *
blogの更新のお知らせを受け取れます。
下のバナーをクリック!
更新を通知する


☆今日の聖書のみことば☆
あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。
それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。
(詩編8:2)
Through the praise of children and infants
you have established a stronghold against your enemies,
to silence the foe and the avenger. ( Psalm 8:2)



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)
次回の月一祈祷会は、2020年2月28日(金)7pmから牧師宅です。

次回の愛さん会(一人一品持ち寄りの夕食会)は、2020年2月16日(日)礼拝後です。
参加される方は、夕食でシェアできる食べ物をもって
教会にお越しください。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:Life Centre: 245 Angas Street, Adelaide
(駐車場側入り口から入ってすぐの部屋で集まっています)
Tel: 0423 871 124(牧師携帯)
礼拝は毎週日曜日午後3時から。

# by jcfa | 2020-02-17 10:00 | Youtube(動画) | Comments(0)

教会学校の教材として

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

先週のどしゃぶりで、我が家の雨どいの水が容量を超えてあふれてしまい、
低いところにある外に面したドアから室内へ、水が入って流れてきました。
オーナーに連絡したりしたけれど、特に対策はとってもらえず。
そしたら、牧師の友人がやってきて、
雨どいの水があふれてもドアから入ってこないようにと
セメントで壁を作ってくれました。
今、暑い中作業してくれています・・・。
こういう時、なんて愛ある行動なんだろうか、って思わされます162.png
私もこのような愛ある行動を機敏にとれるといいなぁと思わされました。
後日、恩返ししないと・・・


* * * * *


さて、毎週日曜日午後2時から、子供を対象にして教会学校をしています。
一緒に賛美を歌ったり、
聖書のお話を聞いたり、
聖書の言葉を覚えたり、
遊んだり・・・。
この間の日曜日は、かるたをしました102.png

教会学校の教材として_f0234165_14403830.jpg


毎週毎週何気ないようで、確実に子供たちの中に聖書が染み渡り、
その言葉によってしっかり成長してくれているのがわかります。
そして、年齢の違う縦のつながりで育っている子供たちは、
お互いにいたわり合い、助け合うことを自然に学べているなぁと感じます。


この時間の聖書の学びには、成長という名の教案誌を用いているのですが、
今お話をしているサムエル、サウル、ダビデのところがちょうどなくて、
試行錯誤しながら子供にお話をしています。


やはり視覚に訴えるものがあったほうが印象に残るかな?と思って探していたら、
教会教育部というサイトがありました。
↑をクリックすると、サイトにジャンプします。


ちょうどダビデとサウルのお話の文章もイラストも載せられていて、
大変助かりました。
現代チックなイラストも大変良かったです。


日本はあまりキリスト教人口が多くはありませんが、
このように海外でも使える教材が日本語で用意されていることに
感謝を覚えるとともに、
これからも有効利用させていただこうと思い、
このブログでシェアさせていただきました。


↑をクリックすると、サイトにジャンプします。



感謝113.png






* * * * *
blogの更新のお知らせを受け取れます。
下のバナーをクリック!
更新を通知する


☆今日の聖書のみことば☆
あなたに平和がありますように。あなたの家に平和がありますように。
また、あなたのすべてのものに平和がありますように。(Ⅰサムエル25:6)
Peace be to you, and peace be to your house, and peace be to
all that you have. (1 Samuel 25:6)



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)
次回の月一祈祷会は、2020年2月28日(金)7pmから牧師宅です。

次回の愛さん会(一人一品持ち寄りの夕食会)は、2020年2月16日(日)礼拝後です。
参加される方は、夕食でシェアできる食べ物をもって
教会にお越しください。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:Life Centre: 245 Angas Street, Adelaide
(駐車場側入り口から入ってすぐの部屋で集まっています)
Tel: 0423 871 124(牧師携帯)
礼拝は毎週日曜日午後3時から。

# by jcfa | 2020-02-12 10:00 | Sunday School(教会学校) | Comments(0)

ビジョンをもって歩んだ人カレブ

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

もうすぐ2月も半ばに差し掛かります。
アデレードではフリンジ(Fringe;演劇祭)が始まります。
こちらがWeb Siteです。
期間は2/14~3/15。
私たちの教会の近くのランドルパーク(Rundle Park)とライミルパーク(Rymill Park)で
行われます。
入場無料。
演劇が行われている劇場やテントはチケットがいりますが、
敷地に入って、何か食べたり、お店を見たり、のんびりしたり・・・というのは自由で、
たくさんの人が訪れます。
移動遊園地も来るので、若い子にも大人気。

友人の韓国人が出店していることもあって、
去年は何度か足を運びました。
1か月間開催しているので、時間を見て行ってみてはいかがですか?
うちの牧師を見かけたら、声をかけてくださいね102.png


* * * * *

さて、昨日も日曜礼拝を無事行うことが出来ました。

礼拝のお話は、「Vision (2)-主があの日に約束されたこの土地」というタイトルで、
聖書の個所は、ヨシュア14:7-13でした。


ここに出てくるのは、カレブという人。
ヨシュアの陰に隠れているような人ですが、
とても勇敢で、信仰深い人でした。


奴隷だったエジプトから離れ、神様が約束された土地がもう目前に迫った時、
そこがどんな土地なのか12人の偵察隊を送りました。
そのうちの一人が、カレブでした。


偵察から帰ってきた12人のうち10人は、その土地にアナク人という大きくて強く、
恐ろしい民族が住んでいて、絶対攻略するなんて無理だ!と、報告しました。
簡単にいうなら、NOという答え。
これは神様の約束より、目の前の現実を見て出した答えでした。

でも、カレブは違いました。
どんなに難しそうに見えても神様が約束してくださったのだから、大丈夫、行きましょう!
と言いました。

結局、カレブの意見は退けられ、その結果神様の怒りを買い、
荒野を40年間放浪することになってしまいました。


カレブのせいじゃないのに、カレブも一緒に放浪させられました。
カレブのことを考えたら、私が代わりに「神様、あんまりじゃありませんか?」と
詰めかけてしまいそうです。


でもカレブは40年の放浪生活の後、約束の土地に入り、
そこの先住民族を倒し、やっと土地をみんなで分配しようという時に、
「神様が約束してくださったヘブロンの土地を私にください」と申し出ました。


もちろんカレブは英雄だし、もう結構な年長者だったでしょうから、
一番よい土地を選んでも誰も文句は言わなかったと思います。
でも、カレブはまだ敵が残っていて、
緑豊かな平地ではなく山岳地域で、
比較的良くないとみんなが思いそうな土地を選びました。
なぜなら、神様が約束してくれたから。
その一つの理由だけ…。


カレブは神様の約束をとても大事にしていたことがわかります。
それが彼の生きる目的であり、生きる意味でした。


私たちもカレブのように神様のおられるところをめざして生きること、
それを生きる目的、生きる意味にするべきだと教えられました。

荒野のような人生を歩んでも腐ることなく、
絶対乗り越えられないような問題が目の前に迫ってきても慌てず怒らず。
ただ一心に神様の約束を信じて歩み続ける。
そんなカレブのような信仰生活をするようにというチャレンジを与えられました。


弱い私たちのことを神様は見捨てられません。
一緒に歩み、倒れそうな時は背中におぶってくださる神様です。
目の前の現実を見ないで、信仰の目をもって、希望をもって、
未来を見据えた歩みをしたいな~と思わされました。



* * * * *



最後にPinterestで見つけた言葉をシェアします。

ビジョンをもって歩んだ人カレブ_f0234165_14352343.jpg
神は約束されなかった
痛みのない日々を
悲しみのない笑いを
雨のない日差しを

しかし神は約束された
日々の力を
涙には慰めを
道には光を



* * * * *
blogの更新のお知らせを受け取れます。
下のバナーをクリック!
更新を通知する


☆今日の聖書のみことば☆
あなたがたが神のみこころを行なって、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。
(へブル10:36)
You need to persevere so that when you have done the will of God, you will receive
what he has promised. (Hebrews 10:36)



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)
次回の月一祈祷会は、2020年2月28日(金)7pmから牧師宅です。

次回の愛さん会(一人一品持ち寄りの夕食会)は、2020年2月16日(日)礼拝後です。
参加される方は、夕食でシェアできる食べ物をもって
教会にお越しください。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:Life Centre: 245 Angas Street, Adelaide
(駐車場側入り口から入ってすぐの部屋で集まっています)
Tel: 0423 871 124(牧師携帯)
礼拝は毎週日曜日午後3時から。

# by jcfa | 2020-02-11 10:00 | Message(説教) | Comments(0)

ヒップホップでキリストを☆Mentor

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

この間、ヒップホップのチームが韓国からアデレードに来ていました。
私自身ヒップホップをじかに見たことがなかったこともあり、
ヒップホップでどうやってキリストを伝えるんだろう…とピンと来ていませんでした。


そんな理由からあらかじめ大々的に宣伝できず、
個人的に誘う程度にとどまってしまいましたが、
結果的に言うと、コンサートは非常によいものでした。

ヒップホップでキリストを☆Mentor_f0234165_07115541.jpg

あらかじめ宣伝できませんでしたが、せめて報告だけでもと思い、
今日書くことにしました。


総勢24名ほどの韓国人がヒップホップでキリストを伝えよう!と、
オーストラリアに来てくれました。
全額自費。滞在費はすべて献金で賄われました。
収入はすべて伝道費や滞在費に使われました。

ヒップホップでキリストを☆Mentor_f0234165_07135284.jpg

ほかに見たことがないので、比べることもできませんが、
素人の私が見てもダンスのレベルはプロ。
ディレクターの人は、実際に韓国の芸能界で働いていた経験もある方でした。

ヒップホップでキリストを☆Mentor_f0234165_07142229.jpg

そして、ダンスに言葉はいらなかった!
視覚でキリストを伝えることも可能なんだな~と思いました。
韓国から来ているメンバーはダンスで人をひきつけ、
初めて聖書に触れる人のために働こうというビジョンをもって活動しています。

アデレードでは英語のメッセンジャーも備えられていたので、
ダンスも見て、英語のメッセージも聞いて・・・という素晴らしくエキサイティングな
公演を見せていただきました。

ランドルモール(Rundle Mall) というアデレードのショッピングストリートでもパフォーマンスが
行なわれ、道行く人が立ち止まり、動画を撮り、福音を耳にしていました。


そして、アデレードの後にはポートオーガスタ(Port Augusta)という町へ移動し、
そこではオーストラリアの原住民宣教をしてくださいました。
たくさんの地元の方々が集まってくださったようでした。

オーストラリアに住みながらも、原住民宣教はなかなかできない分野なのに、
こうして韓国の人がオーストラリアに来て、福音を伝えてくれるなんて、
本当に感謝の言葉しかありません。
キリストにおいては、世界はみな一つで、
世界中の人々はすべて愛されるべき存在なんだなぁと感じました。


この方々は韓国でも伝道のために生き、働いています。
そしてオーストラリアのみならず、日本を含めた海外でも働いておられます。

こうした働きが世界中で実を結び、
世界の隅々まで福音が伝えられますようにと祈っています。



* * * * *
blogの更新のお知らせを受け取れます。
下のバナーをクリック!
更新を通知する


☆今日の聖書のみことば☆
救いは主にあります。(詩篇3:8)
Salvation belongs to the LORD. (Psalm 3:8)


☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)
次回の月一祈祷会は、2020年2月28日(金)7pmから牧師宅です。

次回の愛さん会(一人一品持ち寄りの夕食会)は、2020年2月16日(日)礼拝後です。
参加される方は、夕食でシェアできる食べ物をもって
教会にお越しください。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:Life Centre: 245 Angas Street, Adelaide
(駐車場側入り口から入ってすぐの部屋で集まっています)
Tel: 0423 871 124(牧師携帯)
礼拝は毎週日曜日午後3時から。

# by jcfa | 2020-02-04 10:00 | Concert(コンサート) | Comments(0)

年末生まれた子の教会デビュー☆

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *
あっという間に2月・・・。
Blogも細々と更新中105.png

この間1年に1度持たれる教会の会員会があったのですが、
そこの奉仕表に「SNS・ブログ担当者」という項目が付け加えられてしまい、
ちょっと焦りました(汗)

今までは好きで、やりたいから勝手にやっていた・・・というスタンスでしたが、
なんか正式に組み込まれてしまった感があり、プレッシャーを感じています。
だからといって、自分の力で頑張ることはできませんが、
それでも長く続けることを目標として、今年も更新していきたいと思います。
よろしくお付き合いください。

* * * * *

さて、今日は教会に新しくくわえられた赤ちゃんのことについて書きたいと思います。

私たちの教会には、1月初めに生まれる予定の赤ちゃんがいました169.png
いつかいつかと楽しみに待っていましたが、
気が付くとあれよあれよという間に12月末に生まれてきました102.png
その子は男の子。
年末生まれた子の教会デビュー☆_f0234165_06533701.jpg

この間、無事教会デビューを果たしましたよ。

もうむちゃくちゃかわいい162.png

これからこの子が神様の祝福のうちにすくすくと成長しますように・・・と
教会のみんなでお祈りし、祝福させていただきました。

年末生まれた子の教会デビュー☆_f0234165_06514591.jpg

年末生まれた子の教会デビュー☆_f0234165_06520524.jpg


こうして祈りを共にし、みんなでかわるがわる抱っこさせてもらっていると、
家族感がどんどん生まれてきて、ますますかわいさがUPしていくから不思議です。


新しい命、新しいメンバーが加えられたことを
神様に感謝します177.png


これからも子供たちと一緒に
大人も成長し、教会も育っていくといいな~と願っています。


* * * * *
blogの更新のお知らせを受け取れます。
下のバナーをクリック!
更新を通知する


☆今日の聖書のみことば☆
主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。(黙示録22:21)
The Grace of the Lord Jesus be with God's people. Amen. ( revelation 22:21)



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)
次回の月一祈祷会は、2020年2月28日(金)7pmから牧師宅です。

次回の愛さん会(一人一品持ち寄りの夕食会)は、2020年2月16日(日)礼拝後です。
参加される方は、夕食でシェアできる食べ物をもって
教会にお越しください。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:Life Centre: 245 Angas Street, Adelaide
(駐車場側入り口から入ってすぐの部屋で集まっています)
Tel: 0423 871 124(牧師携帯)
礼拝は毎週日曜日午後3時から。

# by jcfa | 2020-02-03 10:00 | 感謝 | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る
更新通知を受け取る