本:日曜日部長は牧師になる

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


本日は、本のご紹介。

f0234165_14532638.jpg

日曜日 部長は牧師になる (小学館文庫)

小形 真訓/小学館

undefined




こちらの著者、小形真訓(おがたまさのり)さんは、
月曜から金曜までは企業の広報マン。
そして、週末はキリスト教伝道をされてきた方です。
1939年生まれなので、現在はリタイアされ、
牧師も迎えられ、月1でお話しを担当しておられるようです。



本に書いてある事で、心に留まったことを少し抜粋して、ご紹介します。



*教会は、「この世に遣わされた」という意識を持っている。
これは、クリスチャンも同じ。
だから、この世、この社会を離れて教会はありえないし、
個人の信仰も社会生活と切り離されない。



*信じることは、逃避ではなく、生きることへのより積極的な取り組み。


*神の導きや支えを信じることと、
精一杯努力する事とは、矛盾しないで両立する。



*「神の国はあなたがたの中にある」
遠く離れて神の国があるのではなく、
今ここ、信仰を持つ者が立っているところに、神の国がもう始まっている。



*人の目は上へ上へと向かう(出世等)。
しかし、神の視点は下へ下へと降りて来る。
人は何とかして上にのし上がろうとするが、
神は一番低い所に潜り込もうとする。




牧師はプロ。
自分はアマチュア。
そう言い切り、企業マンとして働くことと、
キリスト者として生きることをうまく両立させ、
葛藤しながらも、このようにしたらいいと思うという提案をして下さっています。



興味のある方は、牧師館の本棚にありますので、
是非読んでみて下さいね。





☆今日の聖書のみことば☆
そして、これらすべての上に愛を着けなさい。
愛は結びの帯として完全なものです。コロサイ3:14
And over all these virtues put on love,
which binds them all together in perfect unity. Colossians 3:14



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①4/15(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、3/30(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
# by jcfa | 2018-04-11 14:52 | Book(本) | Comments(0)

足りない所ではなく、与えられていることに目をとめよう。

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


1週間我が家に滞在されたユ先生は、
日曜日JCFAでお話ししてくださり、月曜日に帰国の途に着かれました。
とても良かった、また来たい、と言って下さいました102.png


ユ先生がお話しして下さった内容を少し書きたいと思います。

創世記29-30章には、
レアとラハブという女性が、それぞれ子どもを産むお話しが書かれています。
ただ産んで、名前をつけて、また産む・・・
そのお話しから、私たちが適応できることはなんだろう。


それは、
「得られない物ではなく、与えられた物に感謝しよう」
という事でした。


レアとラケルは、同じ男性の妻で、血のつながった姉と妹です。
その姉妹同士が同じ男性に嫁ぎ、嫉妬に苦しみます。

姉のレアは、夫からの愛を得る事ができませんでした。
子どもを産むたびに、「今度こそ夫は私を愛するだろう」と期待しましたが、
その願いはかないませんでした。


妹のラケルは、夫から一番愛されていましたが、
なかなか子供が授かりませんでした。
その事で姉を嫉妬します。


レアは、子どもがたくさん与えられる祝福を受けていて、
ラケルは、夫の愛を一身に受ける祝福を与えられていました。


でも、その事には目をとめず、
レアは、夫の愛をどうしても得たいと躍起になり、
ラケルも、どうしても子供を産んで母になりたいと躍起になりました。


人って、足りない物に目が行きがちです。
「これがあれば、もっと幸せになれるのに」と思います。


でも、少し視点を変えてみましょう。


もうすでに、たくさんの物が与えられています179.png
そして、その足りない物を得たからと言って、幸せになれるとは限りません。
いや、むしろ一時的な喜びに過ぎず、
次には、また足りない物を求め始めてしまうのではないでしょうか。


物が私たちの幸せを決めるのではありません。
神様がどんなに愛してくれているか、
そしてどんなにたくさんの祝福を下さっているか。
そこに目を向ける時、私たちは幸せと感謝を感じることができるようになります。


毎日毎日、足りない物ではなく、
与えられた恵みを数えて生きる大切さを教えられました106.png


* * * * *


高麗人参茶をいただきました162.png

f0234165_11314252.jpg
顆粒で、少し甘く、お茶にして飲むことが出来ますよ。
Tea セクションに加えておきました。
牧師宅に来た時には、どうぞ召しあがってみてくださいね110.png




☆今日の聖書のみことば☆
永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。 エレミヤ31:3
I have loved you with an everlasting love. Jeremiah 31:3



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①4/15(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、3/30(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
# by jcfa | 2018-04-10 11:39 | Service(礼拝) | Comments(0)

N-ウィルスは誰?

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

今日は、日曜日の説教時に語られた例話をご紹介。
この例話は、冒頭で語られたものですが、
少し聞き取りづらかった方がおられたようなので、ここに書いておきますね。


その例話とは、「N-ウイルス」


これを日本語で検索してもヒットしない所を見ると、
韓国の造語なのかもしれません。


N-ウイルスとは何でしょう。


Nは「Need」の頭文字で、その意味は、
「共同体に必要な人」「社会が求める人」という意味だそうです。
韓国語のサイトを見ると、社会学的に用いられる単語で、
共同体になくてはならない人材で、
必要かつ良い影響力を持つ人材を指すそうです。
なので、ウィルスといっても恐ろしいものではなく、希望をもたらすウィルスなのだそうです。


それを踏まえて考えて見ると、
世界一強力なN-ウィルス保持者は誰だと思いますか。


聖書を見ると、イエス様の周りにはいつも人が集まっていました。
当時の人々の希望の光だったので、
弱い人、罪人、子どもたちがたくさん集まってきていました。
それは、イエス様に会うことで、勇気や力や希望をもらいたいと願っていたからで、
実際、たくさんの病いが癒され、
たくさんの人に希望が与えられました。

だから、イエス様は強力なN-ウィルスだったことが分かります。


では、私たちはどうでしょうか。
どんな影響力を持ったウィルス保持者でしょうか?


「あなたのウィルスに、私も感染したいわ~」と言って、
人が集まってきていますか?


私たちは自分の所属する共同体で、もしくは社会で
周りの人に勇気と希望と力を与えるN-ウィルスとならなければなりません。
なぜなら、クリスチャンは本当の希望を知っている人たちだから。
本当の希望を知っている人だけが、希望を与えられるから。


この例話を聞いて、私たちの教会が、このアデレードにおいて勇気や力や希望を与え、
この社会で互いに助け合い、
喜び合い、成長し続ける教会になっていくように、との
チャレンジを頂きました。


まず、自分がN-ウィルスとなれますように。
そして、教会がN-ウィルスとなっていけますように。


* * * * *

この間のBible study.
ゲストの先生が、賛美をうたってくれました。
曲目は、「実を結ぶこと願われて~韓国語ver.」

f0234165_15051149.jpg
 
すごく素敵で、終わった後アンコールまで出ましたよw
日曜日にも歌って下さる予定です。
楽しみにして来てくださいね。




☆今日の聖書のみことば☆
心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、
あなたの神である主を愛せよ。 ルカ10:27
Love the Lord your God with all your heart and with all your soul and with all your strength
and with all your mind. Luke 10:27



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①4/15(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、4/27(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
# by jcfa | 2018-04-07 15:06 | Message(説教) | Comments(0)

救いの決心者

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


20周年記念礼拝をしてから、早2週間。
そういえば・・・という感じで記事にしてなかったことを少し。


高校生の時からアデレードに留学していたピーチちゃん。
いったん日本に帰って、またここに戻ってきて、現在専門学校で勉強中。
そのピーチちゃんが、クリスチャンとして歩む決心をしてくれました~179.png


毎週かかさず礼拝に出席し、
youthのBible studyにも必ず出席し、
最近では男会にまで来てくれていたピーチちゃん。
(ちなみに、男会は早朝7時からのBible studyです)


「早く神様を信じる決心が出来るといいな~」とずっと願っていましたが、
どうやら20周年記念礼拝が彼女の背中を押してくれたようでした。


本当に20年間、色々な人が関わって来てくれて、
そのおかげでここまで歩んでこられた私たちの教会。


その歴史を見ながら、自分もその1ピースであったことを
感じたのだそうです。


彼女も大切なメンバー。
今まで一緒に、その歴史を紡いでこられたのも祝福ですが、
同じ神様を信じる者として、神の家族になれるのは、もっと大きな祝福です177.png


聖書にこう書かれています。
ひとりの罪人が悔い改めるなら、神の御使いたちに喜びがわき起こるのです。ルカ15:10
There is rejoicing in the presence of the angels of God over one sinner who repents. Luke 15:10


私達が喜ぶ以上に、ピーチちゃんの救いを天使たちが喜んでいます。
一人救われるたび、天は大喜びなんだな~と思いをはせると、
何だか楽しくなってきます。
私の好きなみ言葉の一つです。


これから洗礼までの歩みが守られますように。


* * * * *


今日の午後、主人が米をもらってきました146.png

f0234165_18403743.jpg
炊飯したお米7人分+写真にはないけど、大きなビニールにおこげ一袋146.png
そして、給水させてしまったお米8合分146.png
突然コメ大臣になった気分w
冷凍してぼちぼち使おうと思います。




☆今日の聖書のみことば☆
神は喜んで与える人を愛してくださいます。Ⅱコリント9:7
God loves a cheerful giver. 2 Corinthians 9:7



☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①4/15(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、3/30(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
# by jcfa | 2018-04-03 18:42 | Youth(青年会) | Comments(0)

祝福120%だった2018年のイースター

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *


イースターおめでとうございます162.png
Happy Easter162.png
イエス様のよみがえりを覚え、感謝します162.png




今年のイースターは、4/1でした。
4月の第一日、第一日曜日、サマータイム終了、エイプリルフール(←関係ないけど)、
いろんな事が重なった日。
その上、私たちの教会では、洗礼式とエッグハントという喜びのイベントまで重なり、
喜び、楽しみいっぱいの一日となりました101.png


まずは、礼拝
f0234165_12235326.jpg


礼拝の中で、こどもたちと賛美チームの2チームが特別賛美をしてくれました。
こどもたちは、「Alive」という歌に合わせて、
ひらひらを持って、顔を出す賛美(←イメージつきませんね汗)
そして賛美チームは、「主の手にわが手を重ね」という賛美。
本日洗礼するチェリストちゃんも入り、
賛美に深みが増し、しっとりと聞かせてくれました。
どちらもとっても素敵で、ウルウルきましたよ~102.png



その後、チェリストちゃんの洗礼式。

f0234165_12240280.jpg

滴礼で行われました。


チェリストちゃんの証し・・・超感動しました177.png

彼女の好きな聖句は、エレミヤ33:2-3だそうです。
これは、おじいちゃんであるクラフト大将さんも好きだったみ言葉。
ここから牧師先生が話された、私たちが出来る2つの事。
それは、1)信じること。2)求めること。
その時、神様は私たちの理解を越えた大いなることをなして下さる、
そう教えていただきました。




そしてその次に、チェリストちゃんの好きな賛美「土の器」をみんなで歌いました169.png



この賛美には、チェリストちゃんの思いが全部詰まっているそうです。
自分は弱いけど、その欠けがあるからこそ神様の愛が分かる・・・。
そう証ししてくれました。


この賛美の最後のフレーズは、
「私にかできない事が必ずあるから」というものです。
「チェリストちゃんにしかできない事が必ずある!」
賛美しながらそう思ったら、もう一人で感動の嵐~。
これからの若い歩みに、一人勝手に期待を膨らませてしまいました179.png




その後、最後のお楽しみとして、エッグハント169.png
これは、イースターの象徴とされる卵をかたどったチョコレートを隠して探すゲーム。
全教員参加型w
隠すところもあまりない広い会堂にチョコレートがばらまかれましたよ。

f0234165_12240916.jpg

大きいのは一人一つ、小さいのは何個でもいいよ~。



楽しくハントしながら大人も子供も一緒にイースターを喜ぶことが出来、感謝でした179.png



* * * * *


この日、サマータイムが終わり、時間が一時間戻りました。
これで、日本との時差は30分。
朝、目が覚めると、いつも起きる時間より1時間早くて、得した気分174.png
教会に行くまでの間、コーヒー飲みながら、1時間分余計にのんびりすることが出来ました。
でも、夜になると普段の就寝時間より1時間早く、疲れのピークがやってきて、
シャワーも浴びることが出来ず、顔だけ洗って就寝。
ひとり時差ボケ状態でした105.png
早く慣れないと~!







☆今日の聖書のみことば☆
私は主を愛する。主は私の声、私の願いを聞いてくださるから。詩篇116:1
I love the LORD, for he heard my voice;
he heard my cry for mercy. Psalm 116:1




☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①4/15(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、3/30(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
# by jcfa | 2018-04-02 12:51 | Easter(イースター) | Comments(0)

感謝な永住権取得

こんにちは。
いかがお過ごしですか?
アデレード日本人教会(JCFA)です。


* * * * *

移民の私たちにとって、Visaは大きな問題。
その中でも、「永住権を取る」というのが、一つの大きな目標になります。


今週の火曜日、私たちの教会員であるなぁなさんに永住権が与えられました!
本当に感謝します102.png
初めに申請してから、11年。
その間に、ご主人のクラフト大将さんは天に凱旋されました。


今日、ちょうどBible studyだったので、
何かお祝い出来ないかな~と考え、
サプライズでシフォンちゃんにモンブランを作ってもらうことに。

f0234165_16214669.jpg
こんなかわいいケーキが登場113.png
アデレードが秋に入り、栗も出回ってきたそうで、
渋皮煮も手作りしたんですって!!



そして、ケーキ入刀181.png


f0234165_16224761.jpg


素敵な笑顔で、写真を写す私たちのために、ずっとストップしてくれていましたよ104.png


「何か一言お願いします」と振られ、
なぁなさんは言葉を詰まらせていました。
ご主人と一緒に喜べたらどんなに良かったか・・・という思いから、
永住権を受け取った時、涙がこぼれたそうでした。



その気持ち、すごくわかります。
私にも、長年願っていてやっと子供を授かった弟がいるのですが、
もうその姪っ子がかわいくてかわいくて、写真を現像して
いつも見るほどかわいいんです。
でも、「母が生きていて、この子を見たら、どんなに喜んだだろうな」と思うと
泣けてくるんです。
今、Blog書きながらも、目がうるうるしてしまうほど。



神様は何でもっと早いタイミングに下さらなかったんだろうか、と思うことはたくさんあります。
でも、今日Bible Studyで教えられました。
「神様は、結果よりも、ともに歩んだ過程を大切にされるお方」だという事。


つい、結果にとらわれがちだけれど、
その過程の中に、神様はいてくださいました。
その上での、結果。


私たちにあるのは、すべて恵み179.png


そう受け止めて、
後悔があって少し泣いてしまったとしても、
最後に感謝の歌声を上げられたら、
神様は共に喜んでくださると思います。


私たちも美味しいモンブランをほおばりながら、
喜びをともに分かち合えて、本当に感謝でした179.png









☆今日の聖書のみことば☆
たとい山々が移り、丘が動いても、わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、
わたしの平和の契約は動かない。 イザヤ54:10
Though the mountains be shaken and the hills be removed,
yet my unfailing love for you will not be shaken nor my covenant of peace be removed.
Isaiah 54:10




☆今後の予定☆(どなたでも参加できます。お問い合わせください)

①3/18(日)一品持ち寄り愛さん会を持ちます。
礼拝に来られる時、みんなとシェアできる食べ物を一品持ち寄って
教会にお越しください。
みんなで夕食をともにします。


②月一祈祷会は、3/30(金)7pm~牧師宅で行います。




☆みなさんのお越しをお待ちしています☆
住所:245 Angas Street, Adelaide
Tel: 0423 871 124礼拝は毎週日曜日午後3時から。

[PR]
# by jcfa | 2018-03-29 16:37 | Bible Study(聖書の学び) | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る