Successful韓国バザー♪

みなさん、こんにちは♪
アデレードも本格的な冬を迎えてきた今日このごろ・・・

ワタクシ達JCFA、6月14日(月)に開かれた韓国バザーで出店しました。
その結果、な・・・なんと!完売しましたーーー!!パチパチー058.gif
たこ焼き、マカロン、フィナンシェ、クッキー・・・その他スウィーツ、全て売ることが出来、感謝感謝です。

たこ焼きはさすがに有名なだけあって、お昼時にたくさんに人々が買ってくれました056.gif
そしてそして、一番びっくりしたのはマカロンの人気さ!スィーツの中で最初に売切れて、そのあとも「マカロンはもうないのー?」という声が多かったです。
下の写真が出店時の風景です↓
f0234165_21574739.jpg


私も調子に乗って2種類あったうちの両方を買って食べましたが、絶品ですね。
我がJCFAのえみきちさん(今回すべてのスィーツを作ってくださった方)曰く、「来年もマカロンだねー。」だそうですので、お見逃しなく006.gif

そして!もちろん”韓国”バザーでしたので、他にも韓国料理のお店がいっぱいありました~♪キムチにプルコギ、ホット(甘い、平べったいパンケーキのようなもの)・・・。どれもリーズナブルなお値段でお腹いっぱいになりました012.gif

こうして無事に韓国バザー終了。
準備をしてくださったJCFAの皆様、せっせとスウィーツを作ってくださったえみきちさん、笑顔と共に買ってくれたお客さん・・・感謝感謝の雨あられです。
皆さんに神様の豊かな豊かな祝福がありますように。

では、神様の喜びあふれたよい週末を!!

written by BOSS K.D
[PR]
# by jcfa | 2010-06-24 21:58 | Comments(2)

6/20(日)の礼拝


今週一週間の始めにアデレードの地にて、数多くの人と礼拝がもてたことを感謝します。

さて、今日のメッセージのタイトルは、「愛は決して」。

メッセージの内容を書かせていただく前に、聖書の御言葉の一部分をご紹介したいと思います。

新約聖書・第一コリントの信徒への手紙・13章8節

"愛は決して絶えることがありません。預言の賜物ならばすたれます。異言ならばやみます。知識ならばすたれます。"

世の中で「愛」という言葉をよく耳にすることと思われます。それは時に良い言葉にも、悪い言葉にも使われます。

この、世の中で使われている「愛」は、実は4つに分類されるのだそうです。

1・エロスの愛(男女の中で培われる愛)
2・フィレオの愛(友達や仲間の中で培われる愛)
3・ストルゲの愛(家族や血縁の中にある愛)
4・アガペ(ー)の愛(無条件に与えられる愛)

今日は4番のアガペ(ー)の愛についてのメッセージが語られました。

そもそも、聖書の中で愛の定義は、神様と共にある、神様御自身が愛。ということになっています。
これは神様と共に歩まない行為、愛をもたずに行うことは何の役にも立たないということです。

さらにこのアガペ(ー)はメッセージの中で3つに分けられ、

1・喜ぶこと
2・愛する人が成功するように、言葉と行いをもって、心から願うこと
3・尊く思う心のこと

と、語られました。

このメッセージを聞いたとき、よく
「自分は誰にも必要とされていない」
「自分なんかいないほうがよい」
「自分の存在価値がない」といった言葉をよく耳にする、
また自分もよく思ってしまうことがあるなあ、と思いました。

しかし同時に聖書が、私たちの存在価値は計り知れないくらい大きく、重く、
また、神様が無条件に私たちを必要とし、愛してくれる。ということを思い出しました。

これからも神様がいつも私たちを愛して下さって、見ていてくださる。ということを覚えて神様と歩んでいきたいと思いました。
また、まだ神様のことを知らない人々も、早くその無条件の愛に触れてほしい、味わってほしいと願います。

★Mike★
[PR]
# by jcfa | 2010-06-20 22:49 | Service(礼拝) | Comments(0)

6/13(日)の礼拝

今日は前にもお知らせした川上先生が日本の千葉からお越しくださいました。

遠路はるばる・・・感謝です040.gif


それを知ってか知らずか、
あ、神様が知っておられ備えてくださったのですが、
たっくさんの人が来て、
恵みいっぱいの礼拝をささげることが出来ました。

f0234165_18101659.jpg
大人だけで45人くらいいましたよー。
子供も入れたら60人近く?
びっくりです。


テーマは「まだ見ぬ教会へ。」箇所はローマ人への手紙1章1~17節


私たちと川上先生も、今までお互いまったく知らない存在同士でしたが、
神様の導きと恵みによって、
ずっと祈りと関心を与えられ、
そして、今回それが実となり、成就しました。

すごいな~と思わされました。

そして礼拝後は愛さん会。

今回は人数が多かったこともあり、おかずも豪華でした。

そして身も心も大満足の日曜日でした。



かんしゃ~053.gif
[PR]
# by jcfa | 2010-06-19 18:07 | Service(礼拝) | Comments(0)

6/6(日)の礼拝

今日の礼拝は「わたしに十分な恵み」というタイトルで、
第2コリント12:9-10から語られました。




恵み・・・

たくさん与えられているのに、
私たちはそれが恵みだと気づかず、素通りしてることが
たくさんあるような気がします。

目を上げれば、恵みの輝きがちりばめられているのに。




確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。
第二コリント6:2



韓国にソン・ミョンヒという女性詩人がいるそうです。
この人は医者のミスにより、
1963年脳性麻痺を背負った体として、この世に生まれました.
親はとても貧しく、まともに子供を治療できなかったそうです。
そんな彼女が 11歳になったとき、独学でハングルを勉強しはじめ、
文を書き始めました.そしてそれがキリスト教雑誌に紹介され、
有名な詩人として脚光をあびるようになりました。
そして彼女の詩が歌になって、多くの人々の心に恵みと感動を与えているそうです。

礼拝で紹介された、彼女の一番有名な詩を紹介します。

私には ささげる物がない 
私には 人がもつ知識はない 
私には 人がもつ健康はない

しかし私には 人にはないものがある

私は 人には見えないものが見えた 
私は 人には聞こえない声が聞こえた
私は 人が受けられない愛を受けた 
私は 人にはわからないことを悟った
平等であられる神様によって

私には 人が持つものはないが
私には 人にはないものを持つようにされた




彼女の詩に感動したある医者が、費用を出すから手術をうけるように
申し出てくれたこともあったそうです。
しかし、彼女は断ったそうです。
そして次のような言葉を残したそうです。


神様が創造されたこのままの姿で暮らします 
私はこのまま暮らします
神様は公平な神様だからです 

神様は私に一番美しい恵みをくださったのだと 
私は知っています
感謝しています 

神様のように私を愛してくれる方に まだ会ったことがありません

私は一番完璧な神様の創造物です



彼女は、すべてのことを恵みとして受け取る心が与えられたのでしょう。
もちろん、苦しいこと、つらいことを乗り越えてのことでしょうが・・・。

でもそれをも恵みとして受け取るとき、
人の想像を超えた感動を、生き方を、していくことが出来るのでしょう。




私たちは神様の完璧な創造物。

そして、恵みをたくさん与えられている。



感謝して、喜んで、生きていけますように・・・
[PR]
# by jcfa | 2010-06-08 08:13 | Service(礼拝) | Comments(0)

バザーbazaarに参加します。

6/14(月・祝)はbazaarへ



アデレード韓国長老教会で行われるバザーに
日本人教会が出店します。

売り上げは教会運営のために用いられます。
ご協力、よろしくお願いします001.gif




さてさて、気になる内容です・・・
去年はすしを売りましたが、
今年は、たこ焼き&お菓子を売る予定です。


し・か・も。
たこ焼きはその場で焼きながら売りますよ~060.gif
洋菓子はフィナンシェ、マカロン、クッキー、パートドフリュイ(フルーツゼリー)など。
どれも美味しいものばかり。
その他、和菓子も出す予定ですから。

しかもバザーなので、リーズナブルなお値段で提供されます。
これはもう行くしかない?!



あ、もちろん、私たちのほかに、韓国料理やキムチや洋服や
その他いろいろ出店されて、大盛り上がりです072.gif

お手伝いしたい方、道が分からない方、行きたい方、
ぜひコメントくださいね。


場所:Korean Adelaide Presbyterian Church‎
309 The Parade, Beulah Park SA 5067
時間:am10:00~売り切れ次第終了。
[PR]
# by jcfa | 2010-06-02 15:39 | Comments(2)

砕かれたたましい

今日の礼拝は、詩篇51篇17節、18節からでした。



神へのいけにえは砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。



神様はへりくだった心を喜ばれるということです。

自分では何が出来ても出来なくても、すべては神様が与えてくださること。
状況も、才能も、人からの言葉も、すべて神様によらないであるものはない。

私たちが何を神様にささげたとしても、全知全能の神様は被造物の人間から改めて必要なものはない。
それでも、それだからこそ、わたしたちがそれを認め、神様を神様としてあがめて近づいてこられることを望まれてるんだとおもいます。
行動も、働きも、人間がおごり高ぶってしまうくらいなら(神様に与えられてるにもかかわらず!)、造り主である神様の前にへりくだることがなによりも神様が喜ばれることなんだよね。




と、本日の説教を聞いて思ったのでした。




今週もそれぞれのバイブルスタディあります。
今週もみなさんに神様の祝福と導きが大いにありますように!
[PR]
# by jcfa | 2010-05-30 22:00 | Service(礼拝) | Comments(0)

オーストラリアのアデレードに唯一存在する、日本語で礼拝できる日本人教会です.


by JCFA
プロフィールを見る